ハイランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」番外編


これからハイランド・パイプを志そうとする方々へ…

《独学》と《自己流》は違います

 ハイランド・パイプ(Great Highland Bagpipe)は、スコットランドの民俗楽器です。
 ハイランド・パイプの構造は極めて原始的かつ至ってシンプルであり、その意味では正に民俗楽器と呼ぶのに相応しい楽器です。

 その一方で、まことに民俗楽器らしからぬ特質で、かつ同時にハイランド・パイプの音楽を何よりも特徴づけているのが「高度に発達して洗練された装飾音のシステムが、厳格な形で守られ伝承されている」ということです。それらは主にピーブロックの発展とともに熟成されていったものですが、基本的な部分においてはダンス曲やマーチ、スローエアーなどその他全ての楽曲についても遍く共通して言えることです。そして、このことは演奏形態がソロの場合でも、あるいはパイプバンド形式の場合でも全く変わることはありません。

 同じケルト系の伝統楽器でもアイルランドのイリアン・パイプ(Uillean Pipes)で使われる装飾音は、同じアイリッシュ・ミュージックの演奏で使われるウィッスルやフルートの装飾音と基本的に大きく異なることはありません。また、ハイランド・パイプのようには装飾音のルールが厳格に定まっている訳ではないので、奏者は自分の好みで適当な箇所に適当な装飾音を挿入する自由があります。

 ハイランド・パイプは極めて原始的なハードウェアを維持したまま、ソフトウェア(演奏技法)を高度に発展させて、他のバグパイプとは一線を画したハイランド・パイプ独特の洗練された音楽文化を築いてきたのです。このことは、ある意味では一般的な民俗音楽のイメージとは少々掛け離れているかもしれません。また、「奏者が自分自身の思い通りに演奏する自由が奪われている」と感じられるかもしれません。

 しかし、そのことでハイランド・パイプの音楽が魅力の無いものになっているでしょうか?

 とんでもありません。先人たちが確立し長年に渡って幾多の人々を通じて伝承されてきた、高度に洗練されたハイランド・パイプ・ミュージックがつまらない音楽である訳がありません。大先輩達が営々として数世紀かけて築いてきた伝統的奏法というもの、長年かけて伝承されてきたものにはそれなりの洗練、熟成があります。

 確かに、ハイランド・パイプの混み入った装飾音に取り組み始めた当初は、誰しも「何故こんなメンドクサイ装飾音を覚えなきゃならないんだ?」「どう考えたったこの装飾音は合理的じゃない!」「もっとスマートな装飾音に変えた方がいいんじゃないか?」と、呪いの言葉の一つや二つは頭に浮かぶでしょう。でも、ある装飾音を何百回、何千回と反復練習して一旦指に覚え込ませてしまえば、いつかはどんな複雑な装飾音でも苦もなく演奏できるようになるものです。
 そして、そのようにしてその装飾音が上手く表現できるようになってみると、それらの装飾音が「非常に堅いリードを高い圧力を掛けて鳴らす」というハイランド・パイプ特有の楽器としての特質の上に立って長年掛けて考え抜かれて編み出されてきたものである、ということを実感させられるのです。ハイランド・パイプのそれの様な複雑な装飾音は、他のあらゆるバグパイプも含めて他の楽器では決して生まれ得ないものでしょう。

 これからハイランド・パイプに取り組もうとされる方は、伝統に培われたスコットランド・ハイランドの音楽文化を敬う気持ちを決して忘れず、謙虚で真摯な気持ちで伝承されて来た音楽のあるがままの姿を楽しむことを目指していただきたいと思います。

 正確な装飾音の徹底した修得無くして、ハイランド・パイプの伝統音楽は成立し得ません。


 幸いなことに世界に数多ある各地の民俗楽器の中でも、ハイランド・パイプ愛好者の絶対数とその広がりは飛び抜けて大きいものがあります。ある意味では「世界中で最も親しまれている民俗楽器」と言って差し支えないでしょう。
 そのため、Web 上にはパイプ・メイカーやディストリビューターのサイトに始まって、楽譜や長年に渡って定評のある教習メソッドまで、さらには新しいパーツ類やパイプのメンテナンスについての世界中のマニアたちによる最新の工夫など、ありとあらゆる情報が溢れています。ある意味では《独学》のための情報がこれ程揃っている民俗楽器は他には無いとも言えるでしょう。とにもかくにも、いやしくも英語圏の楽器を習得しようとするなら、英語のサイトを通じて情報収集することを億劫がっていてはいけません。安易に日本語で情報収集しようとしないことです。Piping LINKs ⇒

 また、ハイランド・パイプのもう一つの魅力は完璧に調律された3本のドローン・ノートとチャンター・サウンドの絶妙な調和(ハーモニー)です。そして、そのためにはパイプの適切なセットアップ&メンテナンス技術が欠かせません。最も悩ましい作業であるチャンター・リードの調整を筆頭に、ドローンを正しく安定して鳴らせるためのリード・メンテナンスについても、いい加減な調整のままに乱れたドローン・ノートを発することないように、また無闇な自己流の作業で値の張るパーツ類に取り返しのつかないダメージを与える前に、そして、先人たちの失敗を無駄にしないためにも、世に出ている正しい情報を収集して、まずはそれに忠実に従うことを勧めます。

 ハイランド・パイプの音色の魅力に取り付かれて、自分でもやってみたくなったからといって、近くに直接教えてもらえるような人が居る、という恵まれた状況にある人ばかりではないでしょう。日本に居ながらハイランド・パイプの音楽に取り組むという上で、ある程度は《独学》で道を切り開いて行くという覚悟と心意気は不可欠だと思います。ただし、演奏技術に限らずセットアップやメンテナンスについても、無闇な《自己流》は止めましょう。


ハイランド・パイプに取り組まれようとする方は、まずは、なんらかのプラクティス・チャンターとともに、The College of PipingCollege Tutor Part 1 (グリーン・チューター)”か、The National Piping Centre の“The Highland Bagpipe Tutor Book”を入手することから始めて下さい。そして、最初のページの最初の音から地道に練習に励まれる事をお勧めします。真のハイランド・パイプ・ミュージックを楽しむためには、一見遠回りに見えてもこのルートが最も確実であり、かつ近道なのです。
 単に音を出す事自体が大変難しいハイランド・パイプに於いては「習うより慣れろ」という言い方は単純には当てはまりません。楽器本体に慣れる前にまずは「プラクティス・チャンターに慣れる事」が必須です。

 そして、ある程度の基礎的な演奏技術の練習をこなして、いよいよ本物のハイランド・パイプを手に入れられた暁には、ハイランド・パイプのメンテナンスとセットアップについて解説した CoP のCollege Tutor Part 2 (レッド・チューター)” NPC The Highland Bagpipe Tutor Book 2(Transition to Bagpipes)”が必携です。まずはこれらの教則本に目を通すことによって、正しいパイプの構え方やセットアップ方法、そして、メンテナンス技術を習得して下さい。

 その際、パイパー森がもう一つだけアドバイスしておきたいことがあります。それは、最初が肝心なのでいくら強調しても強調し過ぎとは思えないハイランド・パイプを演奏する上での最も重要な次の鉄則です。

 " Keep your fingers straight ! It is the Golden rule of piping."

 自己流の間違った指使いを一度覚えてしまうと、後々適切な指使いに戻すために大変な苦労をされることは、そのような経験を経て、後日心底後悔している方々が口々に指摘されています。(詳しくは⇒ここ


 とは言っても、より手軽に手ほどきして貰えるシステムがあればそちらを参照したくなるのも人の情け。
 ここ数年、ハイランド・パイプの仕組みやメンテナンス、演奏方法について日本語で詳細かつ正確に手ほどきしてくれることを謳ったサイトは見当たらなかったのですが、2010年にそのような事を期待される人にとって待望のサイトが立ち上がりました。バグパイプの駆け込み寺 "Piper Iwai" です。

 このサイトの主催者パイパー岩井さんはパイパー森の昔のパイプ仲間で、長年ハイランド・パイプと付き合ってきた中で、演奏技量だけでなく混み入っているハイランド・パイプのメンテナンスや修復技術にも磨きを掛けてきたその道の達人。トップページに「レッスン(教室)・試聴・演奏・輸入代行・メンテナンス・修理 バグパイプに関することは何でもパイパーイワイにおまかせください。」とあるように、ハイランド・パイプをやってみたい、あるいは、手に入れたがメンテナンスが分からない、英語での交渉はイマイチ、というような方にとっては正に駆け込み寺。悩めるハイランド・パイプ愛好者はまずはこのサイトを訪ねてみて下さい。

 一方で、ある日本語サイトでは、ハイランド・パイプに関する不十分な知識と勝手な解釈で信じられない様なデタラメが堂々と記述されています。間違ってもそのような、事実と異なる勝手な解説に惑わされないようにくれぐれもご注意下さい。


最後に…、
 自分自身の経験からも、長い間《独学》を続けていると、どうしても分からない事や単なる思い込みなどから無意識の内に間違って覚えてしまう事柄などが必ず出てきます。
 疑問点がどうしても解決できない時、自分のやっていることが何か不自然に思えて自信が持てない時、はたまた、パイプの購入やリードなどパーツ類のセレクトで頭を悩す時などは、このサイトの掲示板を通じるなどして、それなりに知識を持った他のハイランド・パイプ愛好家に助言を求めて下さい。もちろん、可能ならば実際に顔を合わせて手ほどきしてもらうのが最も望ましいのは言うまでもありません。
 知識のある人から教えてもらうことで、長い間頭を悩ましていた疑問があっという間に氷解するということは多々有ります。一人であれこれ思い悩むよりも、まずはなによりも正しい情報を得ましょう。

 もちろん、そのような場合にはパイパー森も出来る限りのお手伝いはいたしますので、遠慮なくご連絡下さい。

Have a enjoyable piping life!

|| Japanese Index || Theme Index ||