What is ......CANNTAIREACHD(カンタラック) ?

CANNTAIREACHD - MacCrimmori's Letter - は、パイパー森によるアナログ時代のエッセイです。

 パイパー森は1977年8月、渋谷の道玄坂にあったブラック・ホークという喫茶店を拠点に、この お店のレコード係であった故松平稚秋さん等と共にブリ ティッシュ・トラッド愛好会(British Trad Appreciation Society) を 立ち上げ、その機関誌として“OAK-British Trad Review” を発行 しました。
 しかし、この機関誌がその後、トラッド愛好会の優秀な会員 たちの手によってあまりにも立派に成長しすぎてしまったので、より自分勝手なことについて書く場所が欲しくなり、ある特定のトラッド仲間に書き送る形の手紙文形式のエッセイとしてこの Canntaireachd シリーズを、当初 は - Scotish Folk Letter - というサブタイトル、ペンネームは MacMori として書き始めました。そして、書いた文章は実際に複数のトラッド仲間たちに一方的に送 りつけたり、当時5月3日と11月3日の年2回、新宿「かしわホール」で開催されていた Folk Club Night(実際には昼に開催)の会場で配ったりしていました。

 さしずめ、現代だったらホームページを開設して掲載するところですが、なにしろこのエッセイを書 き始めた1984年というのは海の向こうでやっとあのアップル2が登場した年(つまり、Mac OS の原型が産声を上げた年)ですから、インターネットはおろかコンピューターがパーソナルなものとなる時代の到来までにはまだかなりの時間がありました。
 ですから、当初は当時のミニコミのオーソドックスなスタイルである手書き文字でスタートし、大分経ってか らワードプロセッサを使う様になり、PC(東芝の dynabook)〜Mac(Classic2) へとツール自体はそれなりに変遷していますが、とにもかくにも紙を媒体とした印刷物という事には変わり有りませんでした。

 テーマの多くはハイランド・パイプやピーブロックに関することですが、ときどきセーターのことや ケルト紋様のことなど、音楽とそれにまつわる話題と勝手に思うこと)について。No.1を書いた 1984年から、途中子育て等で余裕がなくて殆ど音楽を聴かなかった(当然、演奏も…)6年のブランクをはさんで、最後の号を書いた1998年までの14 年間に通算17通の手紙を書きました。

 このサイトでは、これらの Canntaireachd の内、手書きだったり既にデジタルデータが残ってい ない No.1〜 No.8 についてはスキャン画像を、デジタルデータになっている No.9 〜 No.17 は新たな写真やイラスト等の資料を加えるなど少々手を加えたものをアップロードしました(オリジナルのスキャン画像も添付)。No.5 だけは新たにデジタルデータとして入力 しました。

 特に初期のものはかれこれ30年以上前の文章であり、手書きの紙面などが私自身にとって懐かしく思 い出深いというだけの言うなれば「パイパー森のアーカイブ」といった感じのコーナーです。リサイクルできる文章はサイトの中にあちこちで再び使っているので、内容としては特段目新しいものはあ りませんので悪しからず。

(Canntaireachd -カンタラック- とはパイパーによる伝統的な「歌によるピーブロックの伝承法」のことです。)

||Japanese Index ||