現 在は音楽生活の大半がピーブロック一辺倒になってしまったパイパー森ですが、このような私を形作ったルーツ・ミュージックとも言えるのは、何と言っても 1970年代に繰り返し聴いていた様々なブリティッシュ・トラディショナル・ミュージック(ブリティッシュ・トラッド)です。このコーナーでは、あの当時 愛聴していた様々な LPレコードなどをネタに、1970年台初頭から1977年の“ブリティッシュ・トラッド愛好会”設立に至るまで、パイパー森が平均して週に3日毎回3時間余りを過ごしていた“BLACK HAWK”(ブラック・ホーク)とそのレコード係であった松平稚秋さんの様子にも折々触れながら、それぞれのアルバムにまつわるあの頃の思い出に耽りたいと思います。
 これらは、あくまでも私がその音楽と出会ったことの素晴らしさ、そして、どのようなシチュエーションでその音楽と出会ったかを懐古しつつ、かつ、松平さ んへのオマージュとして書いているエッセイです。レコード・レビューや推薦盤紹介ではありません。なお、そのような思い出話の一遍を「渋谷百軒店/ブラッ ク・ホーク伝説」の中で披露させていただいています。
(2007/5)⇒開設の経緯


■ REFERENCE ■


渋谷百軒店/ブラック・ホーク伝説
企画/編集:浜野智・藤本国彦
・発行:(株)音楽出版社
・発行年:2007年
・定価:1,905円

SMALL TOWN TALK/ヒューマンソングスをたどって…
・著者:松平稚秋
・発行:(株)ヴィヴィッド・サウンド・コーポレーション
・発行年:2000年
・定価:2,300円



松平稚秋 Memorial
松平稚秋さんへの追悼文



■ ALBUM INDEX ■
#01 The Pentangle“Cruel Sister”
#02 Fairport Convention“Angel Delight”
#03 The Pentangle“Sweet Child”
#04 Anne Briggs“Anne Briggs”
#05 Nic Jones“Ballads and Songs”
#06 Archie Fisher, Barbara Dickson & John MacKinnon“The Fate o'Charlie”
#07 Fairport Convention“Liege & Lief”
#08 Richard Thompson“Henry The Human Fly”
#09 Dick Gaughan“No More Forever”
#10 Vin Garbutt“The Valley of Tees”

#11 Steeleye Span“Ten Man Mop or Mr Reservoir Butler Rides Again”
#12 Tim Hart and Maddy Prior“Summer Soltice”
#13 Shirley Collins and The Albion Country Band“No Roses”

#14 Rey Fisher“The Bonny Birdy”
#15 Sandy Denny “The North Star Grassman and The Ravens”

#16 Sandy Denny “Live at The BBC”