ハイランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」

第13話(2003/6)

お薦めのピーブロック音源

● お薦めCDはこれだ! ●

 著名なパイパーのソロアルバムには大体1、2曲のピーブロックが 入っています。私はそれらを全て購入して、その1、2曲のピーブロック以外は全く聴かない、というまことに不経済的なことをやっています(というか、やら ざるを得ないのです)が、皆さんにはまさかそんなことは薦められません。

 そこで、私がここでお薦めするのは、「1枚全部がピーブロック!」という無駄の無い(そして、ピーブロック好きにはたまらない)CDです。そのようなCDについて、収録されている曲目等からお薦め度の高い数枚のアルバムを紹介しましょう。

1 Piobaireachd (25th Glenfiddich Piping Championship) /LISMOR(LCOM5267)/1999

 1974年に始まった Glenfiddich Piping Championship(以 前はGrant's Piping Championshipという名称だったのですが、Grant's がGlenddich に吸収されたので途中からこの名称になったようです。)の25周年にあたる1999年のコンペティションの上位5人の演奏をその成績順に収めたアルバム。
 このコンペの出場者は過去1年間にスコットランド中で開催されたさまざまなコンペティションの成績優秀なパイパー10人が招待されます。つまり、このコ ンペティションのウィナーは実質的にその年のスコットランドNo.1パイパーといって差し支えないのです。
 各々のパイパーはあらかじめ自分で選んで主催者に申告しておいた6曲のピーブロックの中から、ジャッジがその場で指定した曲を演奏して、その技を競うという形式を取ります。
 なお、コンペ自体はピーブロックとマーチ・ストラスペイ&リールの2部門に別れていて、それぞれの部門ウィナーとともに、オーバーオールのウィナーも選ばれます。

  そんな選りすぐりの5人の演奏を収めたアルバムが悪かろうはずはないのですが、それにも増して、この時の5曲がまたまた素晴しい。いちいち曲名を上げても 皆さんにはチンプンカンプンでしょうけど、どの曲もどこのコンペティションでもたびたび演奏されるような、多くのパイパーに人気のある名曲ばかりでなの で、なんと言ってもお薦め度 No.1 です。
 パイパー森の一番のお気に入りである “Lament for Patrick Og MacCrimmon” も収められています。そして、ここ数年活躍の著しいアメリカ人パイパー Michael Cusack による17分近い大作 “Lament for Earl of Antrim” もまた聴きものです。

 さらに10ページのライナーノートには、この時のコンペ結果の詳細、15世紀に遡るコンペティションの歴史についての話し、過去の優勝者一覧、そして出場した10人全員のプロフィールなどが書かれているのも有り難いところです。

●曲名&演奏者●
1.The Big Spree (William McCallum)/ 2. Ronald MacDonald of Morar's Lament (Alasdair Gillies) / 3. Lady Margaret MacDonald's Salute (Stuart Shedden)/ 4. Patrick Og MacCrimmon's Lament / (Greg Wilson)/ 5. Lament for the Earl of Antrim (Michael Cusack)


2 Piobaireachd -The Classical Music of the Great Highland Bagpipe/LISMOR(LCOM9016)/1989

 Lismor レーベルの “The World's Greatest Pipers” シリーズは、Monarchレーベルの Pipers of Distinction” シリーズと並んで、現代の著名なパイパーのソロアルバムシリーズです。

  このWGPシリーズでは、現在のところ15人のソロアルバムがリリースされていて、それぞれのアルバムには1〜2曲のピーブロックが収録されいますが、こ のコンピレーションアルバムはこのシリーズの内 の初期にリリースされたアルバムを中心に、LISMOR レーベルが所有すると思われる音源からピーブロックだけを抜き出して編集したもの。
 それはもう当代一流の選りすぐりのパイパー5人の演奏ですから、これもまた悪かろうはずはありません。
 演奏されている曲もまた有名なものばかり。1とのダブりはありませんから、正直に言うと1と2のアルバムには順位は付けられません。ピーブロックを聴いてみたいという方にとっては両方とも必須といっても良いアルバムです。
 3曲目の “Lament for Mary MacLeod” Ptrick Og MacCrimmon >の作になる親しみ易く人気の高い曲で、多くの音源がありますが、ここで聴ける Hugh MacCallum の演奏によるものはそれらの中では間違いなくベストのものです。
 また、Roderick J.MacLeod の演奏による“Lament for Donald Doughal MacKay”は、盲目のパイパー Iain Dall MacKay の作になる曲で、同じく彼の作になる“Lament for Patrick Og MacCrimmon”と並んで、ピーブロックを鑑賞しようとする上では決して聴き逃す事のできない傑作、心に染み入るような旋律がなんとも美しい名曲です。

 6ページのライナーノートにはピーブロックの解説や歴史が小さな字でぎっしりと書かれている貴重なもの。第12話で紹介した文章はこのライナーノートに書かれているものの一部です。

●曲名&演奏者●
1. The End of the Great Bridge (Iain MacFadyen)/ 2. The Battle of Auldearn (Gavin Stoddart)/ 3. Lament for Mary MacLeod (Hugh MacCallum)/ 4. Cave of Gold (Murray Henderson)/ 5.Lament for Donald Doughal MacKay (Roderick J. MacLeod)


3 The Great Highland Bagpipe -Piobaireach:Ceol Mor: Big Music/LISMOR (LCOM5275) /1999

 Lismor から最近新たに “The Great Highland Bagpipe” のタイトルの下に、March,Strathspey&Reel のアルバムなど4種類のアルバムがリリースされました。これはその中のピーブロックを特集したアルバム。

 トッププレイヤーたち5人による5曲が収められていますが、どちらかというと「当代の〜」というより「歴代の〜」と言う方が適当な人選。P/M Angus MacDonald P/M Donald Macleod といった既に亡くなっている名人級パイパーや P/M John D.Burgessのように1950年代から活躍している(といってもこの人、当時16才でチャンピオンになったという早熟の超天才ですけど)大御所の演奏が聴けるのはなによりです。(※その後、John D.Burgess は2005年秋に71才で亡くなりました。)

 “Lament for Patrick Og MacCrimmon”についてのも、そいういった大御所の一人である Donald MacPherson の演奏を聴くことができます。1のアルバムの Greg Wilsonの演奏と聴き比べるのもまた興味深いところです。
 また、円熟の極みにある John D.Burgess による “Ronald MacDonald of Morar's Lament” は幾多あるこの曲の演奏の中でも飛び抜けた名演奏です。

●曲名&演奏者●
1. MacDougall's Gathering (Angus MacDonald)/ 2. Lament for Patrick Og MacCrimmon (Donald MacPherson)/ 3. Mackintosh of Borlum's Salute (Iain Morrison)/ 4. Lament for the Viscount of Dundee (William Livingstone)/ 5. The Old Woman's Lullaby (Donald MacLeod)/ 6. Ronald MacDonald of Morar's Lament (John D. Burgess)


4 1990 Glenfiddich Piping Championship (Piobaireachd)/(KRL) Monarch (CDMON811)/1991

 1 で紹介したコンペティションの1990年の5人のパイパーの演奏を収めたアルバム。クレジットはされてないけど、当然この時の上位5人の演奏だと思われます。
 1 のアルバムのライナーによるとこの年のチャンピオンは実は1999年と同じ William McCalum だっ たはずですが、ここでは2番目に収録されているところを見ると、このアルバムの収録順は1とは違って必ずしも順位を反映してはいないようです。もっとも、 このコンペに招待されるようなパイパーはつまりはその年のトップ10なのですから、順位なんてあまり意味がありませんが…。ちなみに William McCalum はピーブロック部門ではこの2回以外にも2005年までに前代未聞の通算8回の優勝を果たしています。
 この他、Michael Cusack “Park Piobaireachd No.2”このコンペティションで通算4回チャンピオンになっている名パイパー Murray Henderson“MacDougalls Gathering” などは、特に聞き逃せない定番ピーブロックの名演奏です。

●曲名&演奏者●
1. Park Piobaireachd No 2 (Michael Cusack)/ 2. MacNeill of Barra's March (William McCallum)/ 3. MacDougalls Gathering (Murray Henderson)/ 4. Lament for MacLeod of Colbeck (Colin MacLellan)/ 5. The Battle of the Pass of Crieff (Bill Livingstone)


5 Ceol na Pioba - Music of the Pipes /Greentrax (CDTRAX5009)/2000

 サブタイトルが A Concert of Piobaireachd From THE EDINBURGH INTERNATIONAL FESTIVAL となっているとおり、1999年のエディンバラ・フェスティバルのプログラムの一つとして開催された表題のコンサートの模様を収めたアルバム。

 表題はピーブロックに特定しているようにはみえませんが、実際はこのコンサートはあくまでもピーブロックのみに限定したものです。
 さらに凄いのは、通常のコンペティションでは当たり前である、演奏に入る前の(聴衆にとっては長々として退屈な)チューニングの中断をさけるために、出演した6人のパイパーが一人当り2、3曲のピーブロックを入れ替わり立ち代わり演奏したということ。
 つまり、前のパイパーの演奏中にチューニングを済ませておいて、その曲が終わると間髪を置かずに次の曲に入るという趣向に「観客はすっかり魅了された(The Audience was spellbound.)」と書かれています。

 う〜ん、でも実際には「魅了された」なんて生易しいもんじゃなかったでしょうね。どちらかというと「観客は(ピーブロックの)魔法に掛けられて動けなくなった」と訳した方が雰囲気が正確に伝わりますよね。6人×2、3曲ってことは、どう考えても2時間は優に超すピーブロックを途切れることなく聴かされたら、普通の人は完璧にシビレルわな〜。

 このアルバムにはその内7曲51分余りが収められています。
 6人のパイパーはもちろん当代一流のパイパーですが、人選と選曲はこれまで紹介した4枚のアルバムとは少々違っていてちょっと他では聴けないような特徴的な内容になっています。

 中でも特に注目は、唯一2曲の演奏が収録されいる Barnaby Brown の演奏です。この人の活動については別途一回分の話しとして紹介する必要があるのですが、とりあえず、ここでは簡単に紹介しておきましょう。
 この人は「18世紀に使われていた古いタイプのものを復元したハイランド・パイプ(木材はスコットランドに自生しているアーモンドの木だとのこと)を使って、今では廃れてしまっていた古い曲を、昔のカンタラックの本から読み取って復元し演奏する。」という極めて価値ある活動を行っているのです。
  このアルバムでは、そんな18世紀のハイランド・パイプ(現代のパイプとは明らかに音色が違う)によって演奏される他では聴く事ができないような曲が2曲 聴けるということがなにより特徴です。曲の雰囲気も普通のピーブロックとは一味違うところも聴きものです。確かにちょっと玄人好みの趣向ですが…。

●曲名&演奏者●
1. Too Long In This Condition (Roderick J. MacLeod)/ 2. The Old Woman's Lullaby (Robert Wallace)/ 3. Hiomtra Haentra (Barnaby Brown)/ 4. Glengarry's March (Allan MacDonald)/ 5. The Fingerlock (William MacDonald) / 6. Hihorodo Hiharara (Barnaby Brown)/ 7. Lament For Hugh (Willam McCullm)


6 Piping Centre Recital Series /Series 2 (1997) vol 3/Arthur Gillies and Gavin Stoddart/Temple(COMD2077)/1998

 カレッジ・オブ・パイピング(College of Piping)とは別に1996年に設立されたグラスゴーのもう一つのパイピング振興組織ともいうべきパイピング・センター(The National Piping Centre)に於いて、1996〜1998年に連続して開催された著名なパイパーたちによるリサイタルでの演奏を収めたシリーズ。全部で10枚のアルバムにそれぞれに2人づつの演奏が収められています。このアルバムはその2年目に当たる1997年の3巻目。

 で、実はこのリサイタルはピーブロックだけではありません。というより、ピーブロックが演奏されることの方が少ない。私は10枚全部の中身をチェックしてピーブロックの入っていないアルバムは手を出していません。
 このアルバムにも12曲(というか12セット)が収められていますが、ピーブロックはその内各々のパイパーの1曲づつ、たったの2曲だけです。

 では、最初の約束にも関わらず何故このように不経済なアルバムを紹介するのでしょうか?

 それは、このアルバムには恐れ多くもピーブロックを聴いてみようと思う人は絶対に避けて通ることのできない名曲中の名曲、名演中の名演が収められているからです。それは、アルバムの最後を飾るGavin Stoddart による “Lament for the Children” の演奏です。
 私のコレクションの中には “Lament for the Children” については10を超す音源がある位ですから、世界中のパイパーに最も愛されている曲だけに音源自体の数は多いのですが、何故かこれまで紹介した5枚の中には、ピーブロックの最高傑作と誰もが認めるこの曲が収められていなかったのですね。

 …で、その10を超す音源の中でも、 Gavin Stoddart によるこの演奏は飛び抜けています。演奏時間もそれらの中で最も長く、およそ19分かけて Seumas MacNeilll 言うところの「大鷲が大空の彼方から悠然と舞い降りてくるかのような」この大曲を悠々と聴かせてくれます。ピーブロックというのはゆっくり演奏するのが難しいんです。3で紹介した John D.Burgess にしても、この Gavin Stoddart にしても、歳を重ねて円熟の域に達したパイパー程、そのような名演奏を聴かせてくれるものです。

 乱暴なことを言ってしまえば、↑で紹介してきた5枚のアルバムを買わずとも、この Gavin Stoddart による “Lament for the Children” を聴くためだけにもこのアルバムを買う価値はある、と言えるでしょう。それ程に素晴らしい名演奏です。

●曲名&演奏者●(piobaireachd)
1. Lament for the Children (Gavin Stoddart)/ 2. Corrienessan's Salute (Arther Gillies)


● お薦めDVDはこれだ! ●

 2003 年に最初にこのお薦め音源のページを書いた時には、紹介できるようなピーブロック・オンリーの映像ソースは無かったので、紹介していたのはCDのみでした が、最近ではやっとそのような映像が収められたDVDが出回るような良い時代になったので、このページに加筆して紹介します。

1 The Band Room Masters - Piobaireachd Vol.1 / The Band Room (NTSC DVD/T09000005)/2005

 これは2004年に The Band Room の主催により、National Piping Centre のホールで開催された The Band Room Masters Invitational Piping Competition に於けるピーブロック部門の様子を収めたDVD。

 このコンペに招待されたパイパーは現代を代表するトップパイパーばかりであり、トップになった Willie McCallum による演奏時間20分を超す長大なLament for Donald Ban MacCrimmon ”を始め、2位の Jack Lee によって(6で紹介した Gavin Stoddart の演奏に継ぐ)17分に渡って悠々と演奏される“Lament for the Children”あるいは永遠の名曲“Lament for Patorick Og MacCrimmon”など、演奏された曲も超が付く程にポピュラーな曲ばかりなので、ピーブロックを初めてに鑑賞する人にも文句無くお薦めです。

 全部で7人演奏の内、上位4人のみがフル演奏で後の3人の演奏はウルラールのみですが、フル演奏の曲については、曲の冒頭にこのコンペのジャッジの一人である、John Wilson のナレイションによりその曲の由来等についての解説が入るので、初心者でも鑑賞しやすいと思います。ただし、通にとっては、ナレイションがウルラールの演奏と重なってしまうのが少々残念ですが…。

 コンペティションの舞台で見せるパイパーたちの個性的な表情や姿勢、そしてピーブロックを演奏する際の独特の(太極拳を思わせる)スローな足の運びなどが鑑賞できるのは、なんといってもビジュアルなソースの強みです。

●曲名&演奏者●
1. Lament for Donald Ban MacCrimmon (Willie McCallum)/ 2. Lament for the Children (Jack Lee)/ 3. The Bells Of Perth (Gordon Walker)/ 4. Lament for Patrick Og MacCrimmon (Angus MacColl)/ 5. I Got A Kiss Of The King's Hand - ground only (Iain Speirs)/ 6. In Praise Of Morag - ground only (Bruce Gandy)/ 7. Mary's Praise - ground only (Jori Chisholm)

※ 残念ながらその後、2005年にリリース元である The Band Room が破産してしまったので、現在ではこの貴重なDVDは入手不可能になりました。いつの日にか、どこかの組織がこの映像の権利を入手して再度リリースされることを期待しましょう。


2 Piping Live! Masters - Invitational Solo Piping Competition 2005 / Greentrax (DVTRAX2020)/2006

 “Piping Live!”- The Glasgow International Piping Festival は、毎年8月上旬の1週間に渡り、グラスゴーの街を舞台にその名のとおり世界各地の様々なバグパイプのステージやパフォーマンスが繰り広げられるイベントです。
 世界の多種多様なバグパイプに関する近年の急激な関心の高まりとリバイバル・ムーブメントを背景に企画・運営され(2004年までは“Piping Hot ! ”と名打っていた )、年を追う毎に爆発的に盛り上がりを見せて来ている様子は、企画・運営に深く関わっている National Piping Centre の機関誌 Piping Today の紙面からもひしひしと伝わってきます。
 上で紹介した2004年の The Band Room Masters Invitational Piping Competition も元々この“Piping Live!”のイベントの一環として催されたコンペティションだったので、2005年はスポンサー名を外してよりストレートに“Piping Live!”の名を冠した名称に変更されたという訳です。

Angus MacColl、 Iain Speirs、 Bruce Gandy に加えて、最近再びコンペティション・フィールドにカムバックして以来、以前と全く変わる事なく第一線で活躍している往年の名手 Murray Henderson の 4人。収録時間が1時間50分に及ぶにも関わらずたったの4人しか登場しないのは、今回はピーブロックの演奏だけでなく、各人の MSR(マーチ、ストラスペイ&リール) の演奏とともに、どうやら各人の自宅で収録したと思われる丁寧なインタビューも収録されていて、さらに中身が濃くなっているためです。

 前作同様、各曲の前にはJohn Wilson の ナレイションによりその曲の由来等についての解説が入りますが、今回の DVD ではナレイションのバックで流れるのは、各々のパイパーによるステージ上での直前のチューニング風景の映像となっていて、一番の聴かせ所であるウルラール の演奏にはかぶる事が無くなっています。多分、批判が集中したと思われる前作の反省によるところでしょう。そして、この映像のお陰で名手たちが演奏直前に いかにチューニングに神経を尖らせているか、という様子が生々しく伝わって来るのも興味深いところです。

 倒産してしまった The Band Room に代わって今回のメインスポンサーは Glenfiddich のようですが、DVD自体のリリース元は今年、創立20周年を派手に祝ったばかりのスコットランドの老舗レーベル Greentrax です。可能ならば、昨年の DVD も改めて Greentrax が再度リリースして欲しいと切に願うところです。

●曲名&演奏者●(piobaireachd)
1. Mrs MacLeod of Talliskers Salute (Murray Henderson)/ 2. The Red Speckled Bull or Army (Angus MacColl)/ 3. Nameless (Iain Speirs)/ 4. Beinn o' Ghriain (Bruce Gandy)

※関連記事→パイパー森の音のある暮らし《2006年8月》


● 購入手段 ●

 私がこれらのCD等を購入するのは College of Piping The National Piping Centre のオンラインショップと、主にスコットランドの音源を扱うオンラインショップ MusicScotland です。
 前者はCDの他に楽譜や楽器のパーツなどを併せて購入するとき、後者はパイプ以外のトラッドのCDなどを併せて購入するときに便利なので、それぞれ使い分けています。

 皆さん、それぞれサイトの指示に従ってこれと思ったアルバムや曲を購入して、お気に入りのピーブロックにどっぷりつかってみることです。新しい世界が開ける事、必ず保証します。


Have a nice Piobaireachd life!

|| Japanese Index || Theme Index ||