ハ イランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」

第43話(2022/10)

 The MacKays of Gairloch 

 
 パイプのかおり第42話に続いて、 "Piping Times" の過去記事から The MacKay of Gairloch という同じタイトルの記事を2つまとめて紹介します。

 1つ目は GairlochMacKay 一 族について簡潔に纏められているので、Iain Dall MacKay について詳しく紹介した CANNTAIREACHD - MacCrimmori's Letter No.16 の前捌きとして、一族の概要をざっと知るためには最適な資料。

 2つ目は、カナダ在住の直系子孫から提供された貴重な資料を編集部として紹介。当時の命懸けの移民の様子、また、Iain Dall MacKay の義理の息子で若くして死去しながらも優れた吟遊詩人としても名を残している William Ross について紹介されています。

 【Vol.6/No.10-1954 /7-P6】
by Ian L. MacKAY

 著者の Ian L. MacKay はニュージーランド在住の識者で、"The Art of Piobaireachd"(1997/by Comunn na Piobaireachd Inc)の著者です。サイトのインデックスページのトップに掲げるこの名言の 主でもありま す。
原  文
日本語訳
 In its issues of February, March and April, 1950, the "Piping Times" published a series of articles by Archibald Campbell under the title "The History and Art of Angus MacKay". These articles gave a most interesting account, not only of Angus MacKay, but also of the other members of the famous Raasay piping family.

 Readers may be interested to have some account of the other famous family of MacKay pipers, who flourished in the seventeenth and eighteenth centuries in close association with the MacCrimmons of Skye.
 1950年2月、3月、4月号の "Piping Times" には、"The History and Art of Angus MacKay" というタイトルで Archibald Campbell による一連の記事が掲載された。これらの記事には、Angus MacKay だけでなく、有名な Rassay のパイプ奏者一家の他のメンバーについても、大変興味深い記述がされている。


 読者は、17世紀から18世紀にかけてスカイ島のマクリモン家と密接な関係を持ちながら繁栄した、もう一 つの有名な MacKay パイパー一族についての話に興味を持たれたと思われる。
 So far as the writer is aware, we have only three published sources of information regarding the Gairloch pipers.
 
 The first is the collection of piobaireachd published by Angus MacKay (Rasaay) in 1838, which contains an historical note on the family republished verbatim in Fred T. MacLeod’s book, “The MacCrimmons of Skye”.

 A biographical note on Iain Dall MacKay, second of the Gairloch pipers, is to be found in “The Beauties of Gaelic Poetry” by John MacKenzie, published at Edinburgh in 1841.

 The third source is John H. Dixon’s “Gairloch”, published in 1886. This latter book contains a chapter on the family, based on information supplied by John MacLean of Strath (Iain Buidhe Taillear), whose mother was a daughter of John Roy, the last of the Gairloch MacKays.
 
 In regard to Iain Dall, he relies also on MacKenzie’s work mentioned above, as corrected by Iain Buidhe Taillear.

 The chapter has been reprinted verbatim, subject to slight omissions, in Osgood MacKenzie’s “A Hundred Years in the Highlands”. It is from these sources that the following narrative has been drawn.
 筆者の知る限り、Gairloch パイパー一族に関する情報源は僅か3つしか無い。


 1つ目は1838年に Angus MacKay (Rasaay)が出版したピーブロック集で、Fred T. MacLeodの著書 "The MacCrimmons of Skye" に掲載された MacKay 一族に関する歴史的な記述がそのまま含まれている。

 Gairloch の2人目のパイパー Iain Dall MacKay の伝記は1841年にエディンバラで出版された John MacKenzie 著  "The Beauties of Gaelic Poetry" に掲載されている。

 3つ目の資料は、1886年に出版された John H. Dixonの "Gairloch" である。この本には、John MacLean of Strath(Iain Buidhe Taillear)の情報に基づいて、MacKay 一族に関する章が書かれている。John H. Dixonの母親は、Gairloch MacKay 一族の最後の一人である John Roy の娘である。

 Iain Dall に関する記述については、John Dixon の記述は Iain Buidhe Taillear が修正した上記の MacKenzieの著作にも依拠している。
 
 この章は、Osgood MacKenzie の "A Hundred Years in the Highlands" に、若干の部分を除いてそのまま転載されている。以下の叙述は、これらの資料から引用したものである。
 First of the family was Ruaridh Dall. Blind Roderick.
Ruaridh was born in the Reay country about 1592, and his early ability earned him a position as piper to the Chief of MacKay.

 In 1609 he accompanied his master in escorting John Roy MacKenzie of Gairloch, who was returning from a visit to MacKay.
  At the Meikle Ferry, on the Kyle of of Sutherland, a groom sought to detain the boat for his own master. Ruaridh apparently resented this, for he cut off the man’s hand, and as a result was forced to leave that countryside.
 He gladly accepted John Roy’s invitation to remain with him, and in exchange John Roy sent his gamekeeper, Hugh MacKenzie of Gairloch, to MacKay.

 It would seem from this account that Ruaridh would not have been blind from birth, as is suggested in John MacKenzie's book.

 Ruaridh was piper to four of the chiefs of Gairloch, John Roy (1566-1628). Alastair Breac (1628-1638), Kenneth (1638- 1669), and Alexander (1669-1694).

 During the lives of the first two, who resided on the islands in Loch Maree, Ruaridh lived at Talladale.
 He then removed to Flowerdale, where the two last named chiefs had their residence.

 In his youth he was assisted by his brother, Donald Mor MacKay, also a great piper, who spent a number of years at Gairloch.

 Ruaridh was over 60 when he married, and he had one son. He died in1689 and was buried in the churchyard at Gairloch.
 He is said to have been a remarkably handsome and powerful Highlander and his playing was accounted second only to that of MacCrimmon.

 The piobaireachd "Corrienessan’s Salute" was composed by Ruaridh Dall.
 一族の最初の者は Blind Roderick と呼ばれる Ruaridh Dall である。Ruaridhは1592年頃に Reay 地方で生まれ、早くからその才能を発揮し MacKay クランのチーフお抱えパイパーとしての地位を得た。
 
 1609年、彼は Gairloch の John Roy MacKenzie がMacKay を訪問した際、その帰りに主人に付き添っている。
  サザーランド海峡にある Meikle Ferryで、馬丁が自分の主人のために船を留まらせようとした。これに腹を立てた Ruaridh は、その男の手を切り落とし、その結果、その田舎を離れることを余儀なくされたようである。

 彼は喜んで John Roy の招きに応じて彼のもとに留まり、その代わりに John Roy は彼の猟場管理人である Hugh MacKenzie of Gairloch を MacKay の下に派遣した。
 この記述から読み解くと、John MacKenzie の著書で示唆されているように、Ruaridh は生まれながらの盲目だった訳ではなかったと思われる。

 Ruaridh は Gairloch の次の歴代4人のチーフにお抱えパイパーとして仕えた。John Roy (1566-1628)。Alastair Breac (1628-1638)、Kenneth (1638-1669)、Alexander (1669-1694)である。
 最初の2人が Loch Maree の島々に住んでいる間、Ruaridh は Talladale に住んでいた。
 その後、最後の2人のチーフが住んでいた Flowerdale に移り住む。

 若い頃は同じく偉大なパイパーでもあり Gairloch で何年かを過ごしたこともある弟の Donald Mor MacKay にアシストされていた。

 Ruaridh は60歳を過ぎてから結婚し、一人の息子を授かった。1689年に亡くなり、 Gairloch の教会堂に埋葬された。
 彼は非常にハンサムでパワフルなハイランダーだったと言われており、その演奏はマクリモンに次ぐもので あっ たと言われている。

  "Corrienessan's Salute" は Ruaridh Dall によって作曲された。
 Iain Dall, only son of Ruaridh, and most famous of the Gairloch pipers, was born at Talladale in 1656.
 He is said to have been born blind, but this is contradicted in Dixon’s book, where it is said that he lost his sight through smallpox when about seven years of age.
 After acquiring the first principals of music from his father, he was sent to complete his studies at the famous College of the MacCrimmons in Skye.
 There he soon outstripped the other apprentices, gaining a measure of envy and illwill that is commemorated in a number of incidents.

 On one occasion Iain Dall and another apprentice were playing the same tune alternately, when MacCrimmon reprimanded the other, and asked him why he did not play like Iain Dall. The pupil replied, "By Mary, I’d do so if my fingers were not after the skate", referring to the stickiness of his fingers after the meal.  This gave use to a taunt used by northern pipers on those of the south,  "Tha mheoirean as deighe na sgait!".

 On another occasion some of the other apprentices tried to do away with Iain Dall, and threw him over a precipice of twentyfour feet at Dun Bhorraraig. He alighted unharmed, however, on the soles of his feet, and the spot became known as "Leum an Doill", the blind man’s leap.

 During the early part of his apprenticeship his sleep was much disturbed by insects, and this was the occasion of his first composition, “Pronnadh nam hiial”.

 After seven years under Patrick Og MacCrimmon, he returned to Gairloch, and it was the opinion of the best judges that he had no equal except his teacher.

 He became piper to Sir Kenneth MacKenzie, 1st Baronet of Gairloch (1694- 1703) and his son Sir Alexander, 2nd Baronet and 9th laird (1703-1766), fulfilling also the office of bard.

 Iain Dall composed twentyfour piobaireachd, according to MacKenzie’s account, but Angus MacKay puts the figure of upwards of thirty.
 Included among these are the "Lament for Patrick MacCrimmon", composed after hearing a false report of his teachers death, and afterwards played to Patrick Og;  also "The Blind Piper’s Obstinancy" and "The Unjust Incarceration".
 The quality of these compositions enables us to appreciate the reputation enjoyed by Iain Dall in his lifetime.

 He is said to have composed also numberless strathspeys, reels and jigs, Including among the latter "Cailleach a Mhuillear" and "Cailleach Liath Rasaldh".

 The most famous of his Gaelic poems is the pastoral "Coire ’an-Easian", Written to the Salute, composed by his father, Ruaridh Dall.
 Of it MacKenzie wrote "It is not surpassed by anything of the kind in the Keltic language—bold, majestic and intrepid, it commands admiration at the first glance, and seems on a nearer survey of the entire magnificent fabric, as the work of some supernatural agent".

 According to MacKenzie this piece commemorates the death of his patron, Lord Reay, which occured in 1748.
 Angus Mackay (Westerdale) in the "Book of MacKay" identifies it instead with the death at Tongue in 1696 of Colonel Robert MacKay of the Scots Brigade in Holland, youngest son of John, 2nd Lord Reay.

 Two accounts are given of the tune known as the "Half finished Piobair- eachd", or "Ann Port Cathach".  According to Angus MacKay, the first part was composed by Patrick Og MacCrimmon, who played it over many times without being able to complete it to his satisfaction. Iain Dall struck up his pipes in the adjoining room and completed the composition.
 MacKenzie attributes the first part of the work to Patrick Caogach :   It remained incomplete for two years, during which it became known and popular under the title given.   Its popularity added to the anxiety of the composer to complete it.   Iain Dall achieving this, renamed it "Lasan Phadonig Caogach", thus disclaiming the credit and anticipating the result in Patrick’s wrath.   Patrick is therefore claimed to have been the instigator of the attack on Iain Dall referred to in reference to “Leum an Doill”.
  Angus MacKay has an entirely different explanation of “Lasan Phadonig Caogach” which he associates with Donald Mor MacCrimmon’s revenge on the murderer of his brother of that name. Eighteen houses were burned in a village which sheltered the murderer, Donald then finding protection for himself in the Reay country.

 In his old age Ian Dall was given an annuity, and passed the remainder of his life visiting gentlemen’s houses, chiefly in the Reay country and in Skye.     
 Captain Malcolm MacLeod, grandson of John Garve MacLeod and himself a fine piper, used to say that from the agreeable manners of Iain Dall he added more to the conviviality of a company than any other man he knew.

 He died in 1754 at the age of 98 years, and was buried in the same grave with his father at Gairloch.  

 Like his father, he married late in life. He left one son Angus, and according to Angus MacKay, another son John who emigrated to America about 1740. He also left a daughter, mother of Ross (1762-1790).
 Ruaridh のただ一人の息子で Gairloch の最も有名なパイパー Iain Dall は1656年に Talladale で生まれた。
 彼は生まれつき盲目であったと言われているが、Dixonの本には7歳頃に天然痘で失明したと 書かれており、これは矛盾している。

 父親から音楽の最初の基本を教わった後、スカイ島の有名なマクリモン・カレッジで修行することになった。

 その場所に於いて、彼はすぐに他の弟子たちの技量を追い抜き、嫉妬と悪意を買うことになった事が、いくつ か の出来事として記録されている。

 あるとき、Iain Dall と別の弟子が交互に同じ曲を演奏していたところ、マクリモンがもう一人の弟子を 叱責し、「なぜ Iain Dall のように演奏しないのか」と尋ねた所、その弟子は「私の指がス ケートの後でなければそうする」と答えたが、これは食事の後の指の硬直性のことを指していた。このことから、北部のパイパーたちが南部のパイパーたちに使 う "Tha mheoirean as deighe na sgait!"という嘲笑が生まれた。


 また別の時、他の弟子たちが Iain Dallを追い払おうと、Dun Bhorraraig の24フィートの断崖絶壁から彼を投げ落としたこともあった。しかし、彼は無傷で足の裏から降りたので、その場所は「Leum an Doill」盲人の跳躍、として知られるようになった。


 修業時代の初期には、虫の音で眠れなくなることが多く、これが彼が最初に作曲した "Pronnadh nam mial" のきっかけとなった。


 彼は Patrick Og MacCrimmon に7年間師事した後、Gairloch に戻る。最も優れたジャッジの意見として、師匠以外に彼に匹敵するものはいなかったと言われている。

 彼は Gairloch の第1代男爵 Sir Kenneth MacKenzie (1694 - 1703) とその子息 Sir Alexander(2nd Baronet and 9th laird, 1703 -1766)のお抱えパイパーとなり、また、吟遊詩人としての役割も果たした。

 MacKenzie の記述によると、Iain Dall は 24曲のピーブロックを作曲したとされているが、Angus MacKay は30曲以上と推定している。
 その中には、師匠の死に関する偽の報告を聞いた後に作曲し、その後、実際には生きていた Patrick Og 自身に聴かせた "Lament for Patrick Og MacCrimmon""The Blind Piper's Obstinancy"、"The Unjust Incarceration" などが含まれる。
 これらの作品の質の高さから、Iain Dall が生前に享受していた評価を推し量ることができる。

 彼はまた、数多くのストラススペイ、リール、ジグを作曲したと言われており、後者の中には "Cailleach a Mhuillear" と "Cailleach Liath Rasaldh" が含まれる。

 彼の残したゲール語の詩の中で最も有名なのは、父Ruaridh Dall が作曲したサリュートに詩を載せた牧歌的な "Coire 'an-Easian" である。
 この詩について MacKenzie は、「ケルト語で書かれたこの種の詩の中で、他に勝るものはない。大胆で雄大か つ勇敢で、一目見ただけで感嘆し、その壮大な構造全体をよく観察すると、何か超自然的な力による作品と思え るほどだ。」と記している。


 MacKenzie によると、この作品は、彼のパトロンである Lord Reay の1748年の死去を追悼している とのことである。
 (一方で)Angus Mackay (Westerdale)は "Book of MacKay" の中で2 代目 Lord Reay の末子でオランダのスコットランド旅団の Colonel Robert MacKayが Tongue で1696年に死去したことを追悼した詩だととしている。

 "Half finished Piobaireachd" あるいは "Ann Port Cathach" として知られるこの曲には、2つの説がある。  Angus MacKay によると、最初の部分は Patrick Og MacCrimmon によって作曲され、彼は何度も繰り返し演奏したが、満足のいく様には完成させることができなかったという。隣室で Iain Dall がパイプを手にして、作曲を完成させた。
 MacKenzie は、この作品の最初の部分の作者は Patrick Caogach だとしている。作品は2年間未完成の ままだったが、その間に与えられたタイトルで知られるようになり、人気を博した。その人気は、作曲家の完成 への不安をさらに高めることになった。Iain Dall はこの曲を完成させ、"Lasan Phadonig Caogach" と改名。しかし、その結果、Patrick の怒りに触れる事になる。したがって、"Leum an Doill" に言及されている Iain Dall への攻撃は Patrick が仕掛けたとされている。

 Angus MacKay は "Lasan Phadonig Caogach" について、全く異なった説明をしている。彼は、 Donald Mor MacCrimmon が弟(Patrick Caogach )を殺害した犯人に復讐した事件に関連づけている。それは、Donald Mor が怒りに任せて、犯人を匿った村の18軒の家を焼き払い、その結果、Donald が Reay 地方に身を隠して自身を守ることになった事件である。

 Iain Dall は老後、年金を支給され、主に Reay 地方とスカイ島の貴族たちの館をあちこち訪問して余生を過ごした。

 John Garve MacLeod の孫であり、自身も優れたパイパーであった Captain Malcolm MacLeod は、Iain Dall の礼儀正しさから、彼が知る他のどの人物よりも社交界を和やかにしてくれたと言っている。
 

  Iain Dall は 1754年に98歳で死去し、Gairloch にある父と同じ墓に埋葬された。

 父親と同様、彼も晩婚であった。彼は息 子の Angus を残したが、Angus MacKay(of Rassay)によれば、もう一人の息子 John が1740年頃アメリカに移住した。ま た、 Ross(1762-1790)の母である、娘も残している。
 Angus MacKay, the son of Iain Dall, was born about 1725 and succeeded his father as hereditary piper.
 He served Sir Alexander, 10th Laird of Gairloch (1766-70) who is said to have left him at Edinburgh for tuition while he went abroad.

 Reputed to have been a handsome man and a first class musician, Angus is known as the composer of three very fine piobaireachd, "The Desperate Battle", "MacKenzie of Applecross’s Salute", and "MacLeod of Raasay’s Salute" . Dixon also gives Angus the credit for composing "Mary’s Praise".

 He attended a competition while in Edinburgh, and the other competitors, jealous of his talents, pierced his bag. Mary came to his rescue with an undressed sheepskin, and he carried off the prize.

 However, this story is associated also with other pipers, and I do not know of any record of a competition at Edinburgh at this early date.
 Iain Dall の息子 Angus MacKay は1725年頃に生まれ、父の後を継いで世襲制のパイパーとなった。
 Gairlochの第10代 Lairdである Sir Alexander(1766-70)に仕え、彼が外国に行く間、エジンバラに預けられて学んだと言 われている。

 ハンサムで一流の音楽家であったと言われる Angusは、"The Desperate Battle", "MacKenzie of Applecross's Salute", "MacLeod of Raasay's Salute" という、3つの素晴らしいピーブロックの作曲家として知られている。また、Dixonは "Mary's Praise" の作曲者としても Angus の名を挙げている。

 彼はエジンバラ滞在中にあるコンクールに参加した際、その才能を妬んだ他の競技者たちが彼のバッグに穴を 開けて しまった。しかし、(妻の)メアリーがなめしてな い羊の皮を持って助けに来て、彼は賞品を持ち帰った(という逸話が伝えら れている)
 しかし、(この手の逸話は )他のパイパーに関しても(似たような話が)有り、また、この時代にエディンバラでコンペ ティションが行われたという記録は知られていない。
 Angus married Mary Fraser, daughter of William Fraser of Gairloch. About 1805 he emigrated to America with his two sons, both of whom were pipers.
 One, John Roy, born about 1753, had succeeded his father as piper to Sir Hector MacKenzie (1770-1826).

 As a young man he had gone to the Reay country, there receiving tuition on the smallpipes used for dancing. What precisely this instrument was, and how extensively it was used in Sutherland, it would be interesting to know.

 John Roy settled at Slatadale in Gairloch, where he had a numerous family. All but one daughter accompanied him to America; she remained to marry a MacLean in Gairloch and becoming the mother of Iain Buidh Taillear.
 John Roy was a splendid piper, and when he emigrated Sir Hector said he would never care to hear pipe music again. He prospered in his new home until his death at Pictoce, Nova Scotia, in 1835.

 One son was a Stipendiary Magistrate in Nova Scotia, and died in 1884.

  "Sir Hector MacKenzie of Gairloch’s Lament" was probably composed by John Roy.
 Angus は Gairloch の William Fraser の娘、Mary Fraser と結婚。1805年頃、彼は同様にパイパーであった2人の息子と共にアメリカに移住した。
 一人は1753年頃に生まれた John Royで、父親の後を継いで Sir Hector MacKenzie (1770-1826)のお抱えパイパーとして活躍していた。
 彼は若い頃 Reay 地方に行き、そこでダンスに使うスモールパイプの手ほどきを受けていた。この楽器がど のようなもので、Sutherland でどの程度使用されていたのか、興味深いところである。


 John Roy は Gairloch の Slatadale に居を構え、多くの家族を持った。一人の娘を除いて全員がアメリカに同行したが、娘はそのまま Gairloch の MacLean と結婚し、Iain Buidh Taillear の母親となった。

 John Roy は素晴らしいパイパーで、Hector卿は移住する際に「(彼の演奏が聴けないのなら)もうパイプの音は聞きたくない」と 言ったという。彼は新天地で、1835年にノバスコシ ア州の Pictoce で亡くなるまで元気に過ごした。

 一人の息子はノバスコシア州の俸給判事となり、1884年に死去した。

  "Sir Hector MacKenzie of Gairloch's Lament" は John Roy が作曲したものと思われる。
 It would be interesting to know what became of this famous family after the death of the last of the hereditary pipers.
 Presumably there will be descendants still living in Nova Scotia. Their great musical talents, so remarkably main tained through four successive generations, appear to have been denied to later descendants.
 The MacKays fulfilled their duties as hereditary pipers for almost two centuries. During that period there were eight chiefs of Gairloch, but only four pipers, all of whom lived to remarkable ages.

 The family appear always to have been in close touch with the MacCrimmons of Skye, who likewise flourished during the seventeenth and eighteenth centuries. This was the high water mark of what has been called "the piobaireachd era", and the period in which it is believed most of our best piobaireachd were composed.

 The scanty records available make it impossible to assess precisely the contribution of the Gairloch. MacKays to Highland music, we do know that they enjoyed a prestige both as players and composers second only to that of the MacCrimmons.

  The piobaireachd which we do know as theirs are all of out' standing merit, and Iain Dall in particular is reputed to have been a prolific composer.

  It is from the hereditary pipers of Borraraig and Gairloch, too, that our present day masters have acquired their art, through the various pupils of John MacKay of Raasay, who was taught by the last representatives of both families.
 この有名な一族が、最後の継承者の死後、どう なっ たかは興味深いところだ。

 おそらく、まだノバスコシア州に子孫が住んでいることだろう。彼らの偉大な音楽の才能は、4世代にわたっ て 見事に維持されたが、後の子孫には受け継がれなかったようである。

 MacKay一家は、ほぼ2世紀にわたって世襲制のパイパーとしてその職務を全うした。その間、 Gairloch には8人のチーフが代替わりしたが、パイパーはたった4人だけ。皆が全て驚くべき年齢まで長生きしたのだ。

 この一族は、17世紀から18世紀にかけて栄えた スカイ島のマクリモン一族と常に密接な関係にあっ た。
 この時代は、「ピーブロックの時代」と呼ばれるように、現代に伝わる著名なピーブロックの殆どが、この時 代に作 曲されたと考えられている。



 残された記録が乏しいため、ハイランド音楽に対する Gairloch の MacKay 一族の貢献度を正確に評価することは不可能である。しかし、彼らが演奏家とし ても作曲家としても、マクリモン家に次ぐ名声を得ていたことは確かである。

 彼らのピーブロックは、どれも素晴らしい出来栄えで、中でも特に Iain Dall は多作な作曲家として名を馳せている。

 現在のマスターパイパーたちは、Borraraig と Gairloch の2つの世襲パイパー一族たちから教えを受けた John MacKay of Raasay の様々な弟子たちを通して、この2つの一族の演奏技術を受け継いできたのである。


【Vol.29/No.10-1977 /7-P13】
原  文
日本語訳
 It was with some surprise and a great deal of pleasure that we received a communication recently from Mrs. Joyce Rennie of 59 Churchill Road North, Acton, Ontario.
 Mrs. Rennie is a direct descendent of John MacKay of Gairloch, and incidentally of Uilleam Ross, the Skye bard. The line of descent is as follows:—

 Mrs. Rennie was also good enough to send two extracts from the book "The Great Clan Ross" and we reproduce these here.
 最近、オンタリオ州 Acton, Churchill Road North 59番地の Joyce Rennie 夫人から連絡を受け、驚きと喜びを感じた次第である。

 Rennie 夫人は Gairloch の John MacKay の直系の子孫であり、ついでながらスカイ島の吟遊詩人 Uileam Rossの子孫でもある。その血統は次の通りである。

 Rennie 夫人はまた、"The Great Clan Ross" という本から2つの抜粋を寄せてくれたので、ここに紹介する。

 The first one concerns the sailing of the famous ship "Hector", and the piper mentioned is John Roy MacKay of Gairloch, grandson of Iain Dall MacKay.

 The first emigrant ship to sail for Nova Scotia after the clearances was the ’Hector’, in 1773.  The owner of the ship, John Pagan, with a Dr. Witherspoon and other members of the Philadelphia Company, purchased land in Pictou, Nova Scotia, and prepared to settle the new land with Scottish immigrants.
 They employed a Mr. John Ross as agent to procure settlers. Under the contract, the settlers were to receive a free passage on the ‘Hector’ and a free tract of land in Pictou.

 The ‘Hector’ sailed from Loch Broom in Ross-shire where 33 families and 25 single men embarked for the new land.  Fifteen of the passengers were Rosses, one of the families being that of Alexander Ross, his wife and two children.
 Just before sailing a piper came aboard who had not engaged his passage. The captain ordered him ashore, but the other passengers pleaded with him to allow the piper to remain, and during the long passage of eleven weeks he proved a great boon to the weary colonists, with his cheerful Highland tunes.

 All told there were 189 who sailed from Ross-shire in July 1773 with their few belongings, to start a new life in Canada.  The crossing was not without its sombre days, however, as smallpox and dysentery broke out on board. Eighteen passengers died on the voyage, most of them children.

 The newcomers took up land near the shores of Nova Scotia and hurriedly built their log cabins. The first winter they suffered severely from lack of food and supplies, as many of these necessities had to be brought from the settlement at Truro through miles of forest.
 The little settlement at Pictou became well established, however, and they soon built a log church at the new Loch Broom in Pictou County where the services were conducted in Gaelic.
 最初のものは有名な船 "Hector" (ヘクター号)の出航に関する もので、文中で言及されているパイパーは Iain Dall MacKay の孫である Gairloch の John Roy MacKay である。
 1773年、クリアランスが始まって最初にノバスコシアに向けて出航した移民船は「ヘクター号」であった。 船主の John Pagen は、Dr. Witherspoon らフィラデルフィア社のメンバーとともに、ノバスコシア州 Pictou に土地を購入し、スコットランド人移民による新天地開拓の準備を進めた。
 彼らは、John Ross を代理人として雇い、入植者の確保にあたらせた。この契約では、入植者は「ヘクター号」の無料乗船と Pictou の土地の無償提供を受けることになっていた。

 ヘクター号は Ross-shire の Loch Broomを出航し、33家族、25人の独身男性が新天地へ向けて乗船した。乗客のうち15人は Ross 一族であり、そのうちの1人が Alexander Ross とその妻、子供2人であった。

 出航直前に、乗船契約を確保をしていないパイパーが乗船してきた。船長は彼を船から下ろさせようとしたが、他 の乗客は 彼を船に残すよう嘆願した。11週間の長い航海の間、彼はハイランドの陽気な曲を演奏し、疲れた入植者たちに大 きな安らぎを与えた。


 わずかな荷物を持って Ross-shire から出航した189人は、1773年7月カナダでの新しい生活を始めた。しかし、船旅には憂鬱で無い日々は欠かせない。船上で天然痘や赤痢が流行したた め、18人の乗客が船上で死亡した。そのほとんどが子供だった。


 新参者たちは、ノバスコシア州の海岸近くに土地を確保し、急ごしらえの丸太小屋を建てた。最初の冬は、食料 と物資の不足に悩まされた。これらの物資の多くは、Truro の入植地から何マイルもの森を通って運ばなければならなかったからだ。

 しかし、Pictou の小さな入植地は順調に発展し、彼らはすぐに Pictou の郡の新しい Loch Broom に丸太造りの教会を建て、ゲール語で礼拝を行うようになった。

 The second extract is an account of the life and work of Uilliam Ross, son in law of Iain Dall MacKay who was himself of course a great bard as well as a great piper. It is as follows:—

 William Ross, Gaelic Bard of the Highlands (1762-1790)

 William Ross, the Skye bard, is generally considered to be one of the greatest of the Gaelic poets, and it is with pride that we claim him as a member of the great Clan Ross.
 He was born at Broadford on the Isle of Skye in 1762. His father, John Ross, was a native of the island, and his mother came from Gairloch in Ross-shire. She was a daughter of John MacKay, the blind poet who was piper to the family of Gairloch.

 Young William Ross showed great aptitude in his studies and completed his education at the Grammar School at Forres.
 The family then moved to Gairloch and built a house on Aird Bhad-a-Chrotha, where William, at the age of twenty-four years, was appointed schoolmaster in the Clachan of Gairloch, a position which he held with distinction.
 As a scholar Ross excelled in both Latin and Greek, as well as being the best Gaelic scholar of his day.
 He was the author of a number of Gaelic poems of great sensitivity and charm which were long recited in the Highlands.
 He travelled extensively through the northern parts of Scotland, in order to become acquainted with the different dialects of the Gaelic language.  He claimed that the purest and most genuine Gaelic was to be found among the inhabitants of the west side of the Isle of Skye.
 A number of his songs and poetry have unfortunately been lost to posterity.  Ross was also quite musical and sang many of his songs to the accompaniment of the violin, which he played with considerable skill.

 William Ross died at the early age of twenty-eight from tuberculosis, but in his short life he had made a permanent name for himself.

 A stone pillar was erected by his countrymen in 1850, in the churchyard at Gairloch, with an inscription declaring their respect and admiration for his extraordinary genius and great talent.

 Few of our Highland bards have acquired the celebrity of William Ross and fewer still possessed his true poetic powers. A number of his poems and songs were collected and ably translated by John Mackenzie and Dr. George Calder, of the University of Glasgow, in 1937.

 Two verses of one of his poems are here given in the Gaelic with the English translation.

 Highland Maid

My pretty Highland maiden,
With tresses golden bright,
And blue eyes softly shading,
And soft hands snowy white;
O’er Scotland’s hills and plains
With thee I fain would go,
Wrapped in our native tartan plaids
That in the breezes flow.
Give me my Highland dress,
’Tis grand beyond compare;
Give me my Highland maid,
Sweet, smiling, young and fair;
Then banish sleep and care,
From eve to rosy morn.
In happy love beneath our plaid.
The proudest dress that’s worn.”
 2つ目は、Iain Dall MacKay の義理の息子 Uilliam Ross の人生と仕事に関する記述である。彼はもちろん偉大な吟遊詩人であり、偉大なパイパーでもあった。それは次のようなものである。

 William Ross, Gaelic Bard of the Highlands (1762-1790)

 スカイ島の吟遊詩人 William Ross は、一般にゲール語の最も偉大な詩人の一人と考えられており、我々は彼が偉大な Ross 一族の一員である事を誇りに思っている。

 彼は1762年にスカイ島の Broadford で生まれた。父のJohn Ross はこの島の出身で、母は Ross-shire のGairloch の出身である。彼女は Gairloch 一族のパイパーであった盲目の詩人 John MacKay の娘である。


 若き日の William Ross は学業に優れた才能を発揮し、Forres のグラマースクールで教育を修了した。

 その後一家は Gairloch に移り住み、Aird Bhad-a-Chrotha に家を建てた。Wiliam は24歳のときに Gailoch の Clachan の学校長に任命され、その職を立派に勤め上げた。

 学者としての Ross はラテン語とギリシャ語に秀でており、また当時最高のゲール語学者であった。
 センシティブで魅力的なゲール語の詩を数多く発表し、ハイランド地方で長く歌い継がれている。

 彼はゲール語の様々な方言に精通するため、スコットランド北部を広く旅した。
彼は、最も純粋で真正なゲール語 は、スカイ島の西岸の住民の間に存在すると主張した。


 彼の歌や詩の多くは、残念ながら後世に残されていない。Ross は音楽にも造詣が深く、多くの歌をヴァイオリンの 伴奏で歌い、その腕前はかなりのものであった。


 William Ross は結核のため28歳という若さで亡くなったが、その短い生涯の中で、彼は永久にその名を残すことになったのである。

 1850年、彼の同胞によって Gairloch の教会堂に石柱が建てられ、彼の並外れた才能に対する尊敬と称賛の念が刻まれた。


 ハイランドの吟遊詩人の中で William Ross のような名声を得た者は少なく、彼の真の詩の力を持った者はさらに少ない。彼の詩と歌は、1937年にグラスゴー大学の John Mackenzie と Dr. George Calder によって集められ、巧みに翻訳された。


 ここでは、彼のゲール語の一つの詩の2節を、英訳を添えて紹介する。

 ハイランドの乙女

私の可愛いハイランドの乙女。
金色の輝く髪に
青い瞳は優しく翳り
手は雪のように白く
スコットランドの丘と平原を駆けめぐる
あなたと一緒に行きたい
故郷のタータンチェックに包まれて
そよ風に吹かれながら
私のハイランドドレスをください。
比べるものがないほど素晴らしい
私のハイランド・メイドを与えてください。
甘く、微笑み、若く、美しい。
そして、眠りと心配事を追い払おう。
夕べからバラ色の朝まで
幸せな愛の中で、私たちの格子縞の下に。
最も誇り高き服の下に。

|| Japanese Index || Theme Index ||