ハイランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」

第23話(2005/1)

Donald MacPherson - A Living Legend -

■ 人は何才までハイランド・パイプを演奏することが出来る?  ■

 先日、1984年の Piobaireachd Society Conference 報告書で、Seumas MacNeill が行ったレクチャーの報告を興味深く読みました。テーマはマクリモン以後のパイプ伝承に於ける大きな2つの流れの内の一つ、スカイ島の The MacPhersons(もう一つの系統は The Camerons)に関するものです。

 この1984年の報告書は、一時絶版になっていたもので、2004年の2月に他の年度のものとまとめて取り寄せた中で初めて入手できたものです。そして、それは単に以前のものの複写を増刷りしたのではなく、新たに原稿を入力し直したもので、この当時一般的であったタイプライター仕上げのものよりずっと読み易いのが助かります。
 また、例えばこの Seumas MacNeill の講演に際に当日配布された資料についても、最新の研究成果を入れた改訂版にして挿入し直されているなんてところも、さすが真面目な組織(学会)だけあると感心させられます。

 久しぶりに Seumas MacNeill の文章(正確には話し言葉)を読んで感じたのは、この人の英語ってのは本当に馴染み易いということ。“Piping Times”で散々お世話になっていた当時はごく当然の事だと思っていましたが、実はそれはそんなに当たり前なことではない、というのは最近の“Piping Times”のエディトリアルを書いている Robert Wallace の難解な文章を読んでいていつも痛感していることです。


  この他でも Seumas MacNeill の文章が読み易いというのを痛感させられたのは Seumas MacNeill Frank Richardson との共著による“Piobaireachd and It's Interpretation”という本でした。前半部の Seumas MacNeill の文章は中身がスッと入ってくるのに対して、後半部の Frank Richardson の文章は何を言っているのか全然理解できない。う〜ん、本当に頭を抱えてしまいました。

 でも、 Seumas MacNeill 以外でも分かりやすい文章を書く人は居ない訳ではなくて、例の Joseph MacDonald の“Compleat Theory 〜”をまとめた Roderick Cannon などは割と読み易い文章を書いてくれます。また、 Bridget MacKenzie によって書かれたPiping Tradition of the North of Scotland”という本は、それはそれは面白くて面白くて、かなり分厚い本であったにも関わらず、読み進むのが楽しくて仕方なかったものです。
 この本についてはいつか紹介したいと思いつつ、その内容があまりにも面白いので、紹介するとしても生半可な内容にはしたくないと思うと、かえってなかなか手が付けられないというのが実情です。(…って、そんなものばかりだ。)


 さて、肝心の Seumas MacNeill の講演の中身、The MacPhersons のパイパーについてですが、さりとて細かく紹介するつもりはありません。基本的に研究者じゃない私が、このような読み物を読むのは、知った知識を他人にひけらかしたいのではなく、ただただその当時に生きていた古(いにしえ)のパイパーたちの暮らしぶりを想像することで、自分自身がワクワクして楽しみたいだけなのです。
 でも、ワクワクして読みながら、自分自身でも「一体、こんな話、読んで何の足しになるの?」って思わない訳ではないんですが、ついつい止められなくて、「へ〜、へ〜、へ〜?」と、まるで「トリビアの泉」状態になってしまう。
 そんな訳で、興味の有る方は自分で読んでワクワクしてください。…って、そんな変人、他に居るか〜?

 でも、一つだけどうしても紹介したいエピソードがあります。

 2004年夏、私は自分自身の人生の区切りの年に際して、28年ぶりに新しいパイプを新調しました。ハーフシルバーのこの Dunfion Pipes は、丁度、山根先生のシルバー・パイプの様に、今後、最低20年間は日々愛用し続けることによって本当の味わいが醸し出されてくると考えています。
 しかし、20年後というと私も70才(もちろん、生きているということが前提ですが)。果たしてその時に通して演奏するのに19分かかる“Lament for the Children”が演奏できるでしょうか?

 そんな懸念を覚えつつ、このシェーマスの講演録を読んでいたら、何とも凄い話に出くわしました。まさに決定的バグパイプ版「トリビアの泉」!

 曰く、この話に登場する MacPherson パイパーの一人、有名な Calum 'Piobire' MacPherson の息子である Angus MacPherson(1877〜1976)は何と、「自身の98才の誕生日のイブに“MacLeod of Rasssy's Salute”を最初から最後まで演奏しきった。」というのです。

 この話は、講演の後の質疑応答の中で John Burgess によって披露された話で、つまり、眉唾な言い伝えなどではありません。
 ある時、John Burgess Angus MacPherson の前で数曲のピーブロックを演奏した際の事。 Angus MacPhersonJohn Burgess が数曲のピーブロックを演奏した後、彼のパイプをじっと見つめて「そのパイプは強い(堅いリード)ものか?」と問いかけてきて、ジョンが「いいえ」と答えると、おもむろにそのパイプを借りて演奏し始めたということ。ジョンは当然アンガスが途中で止めるだろうと思っていたそうですが、彼は見事に最後まで演奏しきったということです。(ちなみにこの曲の演奏時間はおよそ12分間。)


 さらに、もっと下世話なエピソードを一つ。
 最後の The MacCrimmons の一人である Donald Ruadha MacCrimmo に直接指導を受けて、そもそものThe MacPhersonパイプスクールを創設した張本人であるこの超絶パイパーの祖父に当たるもう一人の Angus MacPherson(1800〜1887)は、奥さんを2回亡くしてその度に結婚し直したそうですが、なんと3度目の結婚は80才の時。そして、その時のお相手は32才(!)だったそうな。

 この人、本当にお元気だったようで、なんとその後、84才(!)の時にはカナダの Nova Scotia に移住したとのこと。そしてさらに、3年後には自身の死期が迫ってきたことを悟って「カナダで死ぬのはイヤだ。」と、再びスコットランドに戻って来た(そして、1週間後に死去)ということです。
 スコットランドからカナダに移住するということ自体が、今の様に飛行機でビュ〜ンという時代ではありませんから、ある意味で大仕事だったと思うのですが、さらに、87才にして(死に場所を選んで)スコットランドに帰ってくるっていうのですから、並の人じゃありませんよね。

 ところで、この奥さんは高齢のダンナがバグパイプを吹いて寿命を縮めかねないのを見兼ねて、地区の司祭にダンナがパイプを吹く事をやめるように説得してくれるように頼んだそうです。ところが、その司祭は「彼はバグパイプを、そして、ピーブロックを演奏することを楽しんでいるのです。年寄りには自分のしたい事をさせるのが一番。」と、逆に彼女を諭したといいうことです。

■ 81才のマスター・パイパー  ■

 さて、現代に生きる MacPherson 姓のパイパーといえば、何と言っても Donald MacPherson です。といっても、姓は同じでも、どうやら先ほどの MacPherson Family と直接的に血が繋がっているという訳ではないということです。
 1922年生まれの Donald MacPherson Seumas MacNeill(1917〜1996)、 Donald MacLeod (1917〜1982)、 R.G. Hardie (1921〜1990) 等といった既に過去の人となった名パイパーたちと同世代の、いわば20世紀を代表するマスター・パイパーの一人。
 1938年、若干15才で最初のコンペティションに参加して MS&R と Piobaireachd の両部門で優勝して以来、1990年にコンペティションのプラットフォームから完全に引退するまでの52年間に獲得したメダルは数知れず、その活躍はまさに「生ける伝説」とも言える名人です。

 パイパー森はプラクティス・チャンターでハイランド・パイプの練習を始め、そしてピーブロックの音源をコレクションし始めた1970年代半ばに、この Donald MacPherson “Pibroch Masterpieces”というそのものズバリのアルバム(1976/Polydor)を入手しました。当然ですが、アナログレコードのこのアルバムは両面に2曲づつ、計4曲のピーブロックだけで構成されていました。その4曲というのが“The Old Woman's Lullaby”“The Lament for Patrick Og MacCrimmon”“Salute on the Birth of Rory Mor MacLeod”“MacKintosh's Lament”という正真正銘の傑作揃いとくれば、正にタイトルに偽り無しといったところ。これ以上何をか言わんや、です。同じ頃に入手した同様の構成(ピーブロック4曲入り)の Seumas MacNeillによる“Purely PIOBAIREACHD”というアルバムと並んで、パイパー森をいたく満足させてくれた思い出深いアルバムです。


 さて、2004年夏、この Donald MacPherson の最新の演奏をフューチャーした新しいピーブロック・アルバムがリリースされました。録音時(2003年)に彼は実に81才を迎えていたはず。直系の繋がりはなくても、やはり高齢でもお盛んな MacPherson Piper の血統はちゃんと受け継いでいるようです。

 このアルバムは単なる1枚の CD というのではなく、実に、168ページにおよぶ CD ジャケットサイズのハードカバー・ブックレットが付いています。「ブックレットが付いている CD」というよりも「CD が付いたブックレット」という方が当たっているかな、とも感じられる程に立派な CD & Book という形式でリリースされました。/p>

> プロデュースしたのは、あの Barnaby Brown。数年前に Pibroch.net を立ち上げた彼が、同じく自身で立ち上げていた Clarsach.net Triplepipe.net とを併せて連携させ、アイルランドとスコットランド等のゲール文化圏における伝統的音楽に関する情報の共有化・教育・支援運動を推進することを目指して設立した Siubhal [shoo-al] という組織の最初の有形な成果としてリリースされたのがこのアルバムなのです。

 

 収録されている曲は“MacCrimmon's Sweetheart”“The Big Spree”“Ronald MacDonald of Morar's Lament”“Lord Lovat's Lament”“The Blue Ribbon”“Mary's Praise”“Donald Gruamach's March”の7曲。内容は上のこの CDブックのジャケット写真にリンクしている Siubhal のサイトのページで詳しく紹介されていますのでそちらを参照してください。 PDFファイルをダウンロードして、このジャケット写真を拡大して見る事もできます。

 ブックレットの中身は、非常に分かりやすい英語を書いてくれる Bridget MacKenzie が収録曲の詳しい説明を書き下ろした“History and folklore surrounding this music”Barnaby Brown による“Making sense of pibroch”Donald MacPherson 自身による“How I was taught to play”James Campbell & David Murray Donald MacPherson の演奏に関して過去の新聞や雑誌等に掲載された多くの賞賛記事を紹介した“A flood of melody”という4つの記事です。実質的にはこれらは、併せても40ページ程度の量なのですが、なんとご丁寧に英語で書かれたそれらの文章を、ドイツ語、スペイン語、フランス語の各言語に翻訳して、つまり4か国語にして納めてあるので、最終的に168ページという厚さになっているのです。

 ところで、この CD ジャケットサイズの手の込んだハードカバー・ブックレットの製作が相当クセものだったらしく、実は当初この CD & Book のリリースがSiubhalのサイトでアナウンスされたのは、2003年末のこと。パイパー森はすかさず注文を出した(Order No.32 でした)のですが、直後にリリースの延期が通知された後、2004年3月、6月、とリリースの予定がアナウンスされましたが、その度、印刷&製本のトラブル等の理由で実際のリリースは再三延期されました。そして、8月になってやっとのことで本当にリリースされたのでした。

■ 究極の演奏が最高の音質&録音状態で…  ■

 Donald MacPherson は半世紀を超す長期間に渡ってパイピングシーンのトップで活躍して来たパイパーですから、様々な録音を残しています。その結果、私の手元には今回の7曲を含めて17テイク、18曲分の音源が集まっています。
 でも、正直なところ、これまで私は、
Seumas MacNeillJohn Burgess、あるいは、Gavin Stoddart Murray Henderson など、やはり20世紀を代表するようなパイパーたちの演奏に比べて、この人の演奏はそれ程好みではありませんでした。
 それは、《エモーショナル》という言葉とは全く正反対に、冷徹な程に《正確無比》かつ《淡々とした》その演奏スタイルが、イマイチ好きになれなかったのです。なんていうのでしょうか、「面白味に欠ける」というのが、この人の演奏を聴く度に私が受ける正直な印象でした。

 ですから、Barnaby Brown が数年前に Pibroch net を立ち上げて、Donald MacPherson をチューターとしたピーブロックのオンライン・チュートリアル・システムを構築するというプランを打ち上げた時にも、今一つその意図が掴みかねたものでした。「いまさら、そんな高齢なパイパーを引っ張り出さなくても良いんじゃないだろうか? 現役のもっと魅力的な演奏をするパイパーも居るだろうに?」と言うのが正直な印象でした。


 ところが、どうでしょう。今回の録音を聴いてみて、私のそんな印象はやはりどこか間違っていたようだということを認識させられました。
 もちろん、相変わらず《正確無比》かつ《淡々とした》その演奏スタイルに変わりは有りません。ある意味「面白味に欠ける」ということもそのままです。でも、これほどに完璧な演奏が81才の人間のなせる技だとすると、それはもう驚異!以外の何ものでもありません。


 ハイランド・パイプ演奏の基本の基は、何と言ってもドローン・ノートを安定して鳴らす事。フレームにキャンバス布がピンと張られていなければきちんとした絵を描く事が出来ないのと同様に、安定したドローン・ノートが確保されてこそ、メロディーを奏でる準備が整ったと言えるのです。
 私のコレクションにはのべにして50人を超すパイパーの250近い音源が有ります。みな、一流のパイパーと言ってよい人たちが意図的に録音したものですからそれなりの録音のはずです。しかし、それでも、中にはドローン・ノートの安定が完璧でないものがいくつか見受けられます。酷いものに至ってはドローンがブワ〜ン、ブワ〜ンと唸っていてメロディーを味わうどころではありません。
 また、録音状態にもよることが大きな要因ではありますし、生音ではない録音された音源に元来そんなことを求めることは無理な話でしょうが、聴き惚れる様なドローン・ノートを聴かせてくれる音源というのはそれ程多くは有りません。
 そのような意味から言うと、この CD の録音状態はこれまで聴いた事のあるハイランド・パイプのどんな音源の中で飛び抜けて秀逸と言えます。そして、その素晴らしい録音状態で収録された Donald MacPherson の演奏になるドローン・ノートの音色とその岩の様な安定感は文句の付けようがありません。ある面でそれはまるで電子音の打ち込みとも錯覚させるかのごとく、まるで人間技とは思えない程に安定し、一瞬たりとも微動だにせずかつ大地にずし〜んと響きます。<

 そして、そのような岩のようなドローン・ノートに乗せて Donald MacPherson ならではの正確無比なフィンガリングによるメロディーが流れます。そして、その演奏はパイプでの演奏であるにも関わらず一つ一つの装飾音を明確に聴き取ることができるのです。プラクティスチャンターでの演奏ならいざ知らず、パイプの演奏で、この Donald MacPherson ほどに明確に装飾音が聴き取れるような演奏をする人を私は他には知りません。


 パイプの演奏で聴き分け難い装飾音の代表的な例として、通常のCrunluath Closed Crunluath(後半の2つの Low A の代わりに全てを Low G とする)があります。この Closed Crunluath が出てくる代表的な例としては ““Lament for Patrick og MacCrimmon”がありますが、私は以前からパイプ演奏の音源を聴いている限りではその違いがよく分かりませんでした。
 困った私は、Angus J. MacLellan さんに教えを乞う機会があった際に「これらの違いがよく分からないんだけど?」と尋ねました。彼はプラクティスチャンターでこの二つの Crunluath を交互に演奏してその違いを明らかにしてくれました。確かに、そうしてプラクティスチャンターで演奏するの聴き分けてみるとその違いは明確に分かります。そして、録音状態の良い Donald MacPherson の明確なフィンガリングでこれらの Crunluath を聴き分けると、その違いを非常に明確に聴き分けることができます。試しに、この CD に入っている“Ronald MacDonald of Morar's Lament”Crunluathバリエイションを聴いてみればそれは明らか。「お〜、お〜、こういうことか。」と納得させられる事請け合いです。
 Siubhal のサイトでは、2曲についてのサンプル音源を聴 く事ができますが、その内1曲がこの“Morar's Lament” Crunluath-a-mach バリエイションです。ぜひ、このサンプル音源を聴いてみて、岩の様に安定したドローン・ノートに乗せて Donald MacPherson の卓越したフィンガリングが繰り出す装飾音の明確さを実感してみてください。


81才の Donald MacPherson <の演奏を今さらながら心して味わった時、私は font color="#3300cc">Barnaby Brown が Pibroch.net においてこの Donald MacPherson とコラボレーションしてオンライン・チュートリアルのシステムを確立しようとした理由を悟りました。この人は81才というその年齢にも関わらず、現在生存している全てのパイパーの中で、紛れも無く最も優れた《手本とすべきパイプ演奏》を披露できる人だということなのです。
 「面白味のある演奏」や「エモーショナルな演奏」を追求する以前に、全てのパイパーはまずこの Donald MacPherson の演奏を見習って、岩の様な安定したドローン・ノートを維持する術、そして、全ての装飾音を明確に表現する術を会得すべきだ、というのが、 この CD&Book を通じてBarnaby Brown が全世界のパイパーに訴えたかった事ではなかろうかと、感じ入った次第です。


 いやしくもハイランド・パイプを、そして、ピーブロックを演奏しようと志す者は、この CD&Book を必ず手にして、頭を垂れてその素晴らしい演奏を聴き、その指使いを素直に見習うべきだと思います。

|| Japanese Index || Theme Index ||