ハイランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」

第15話(2003/9)

Fred Morrison はお薦めです

■ トラッドバンドにおけるハイランド・パイプ ■

 ハイランド・パイプと言う楽器は基本的にソロの楽器ですし、アコースティックな環境に於いては、その音量バランスから考えて他の楽器との合奏と言うのは殆ど不可能に近いものがあります。しかし、その一方で現代のテクノロジー下に於いては、他の楽器の音をマイクを通してアンプリファイすることによって、どんな楽器とも合奏が可能なのは言うまでもありません。

 そのようにして、いわゆるトラッドバンドにハイランド・パイプを導入した最初の例としては、なんといっても1977年の ALBA の鮮烈なデビュー作が印象的です。
 当時、私たちはブリティッシュトラッド愛好会を立ち上げてから間も無く、“ブラック・ホーク”での定例会が毎月最終日曜日の午前中に開催されていた頃です。

 アイリッシュのバンドミュージックに革命を起こした Planxty の1973年のデビューアルバムジャケットをもろに意識して、一番手前のパイパーから舞台に並ぶメンバーに強烈なスポットライトが当たっているライブの風景を写したアルバムジャケット(もちろん当時はLP)がレコード室のガラスに立て掛けられ、1曲目の Jig of Slurs がギター、ブズーキ、フィドルの音色とともにハイランド・パイプの高らかな音色で炸裂したその瞬間、その場に居合わせた会員たちの間に走った衝撃は、いまでも忘れられません。

 その当時、アイリッシュ・ミュージックシーンに於いては、 Planxty に続いてさらに衝撃的な The Bothy Band が、さながらロック界における Led Zeppelin のようなインパクトを与えながら、アルバムを発表しつづけていた頃です。
 「アイリッシュに比べてスコットランドのトラッドバンドはどうもドン臭くてイカン」というそれまでの概念を一瞬にして払拭するに足るだけの強烈な一撃でした。

 その後、ALBATannahill Weavers としてメンバーチェンジを繰り返しながら発展し活躍を続けたのは御存知のとおり。

 その他には、当初はパイパー無しでスタートした The Battlefield Band がパイパーを入れ、その後も何人かのパイパーが出たり入ったりしながら活動を続けていましたね。

 また、ちょっと渋いところでは、ソロパイパーとしての活躍も有名で、そして今では Seumas MacNeill なき後のカレッジ・オブ・パイピングのチェアマンを務めている Robert Wallace を配した The Whistlebinkies も70年代から息の長い活動を続けています。ただし、このバンドの場合は主にローランドパイプとスモールパイプを使い、アレンジもコンサバなので、どちらかという従来型のスコティッシュ・グループに近いスタイル、いうなればスコットランドの The Chieftains ってところでしょうか。

 さらに、1980年代、90年代にはその他にも様々なバンドが活躍し、その内いくつかにはパイパーも参加しているようですが、その年代になる私の興味は益々ピーブロックに集中して行っていたため、実はそれらについては殆ど知識がありません。

■ アンサンブル付きのハイランド・パイプ ■

 さて、このように「トラッドバンドの中にパイパーが入っている」という形とは別に、どちらかというと、「パイパーのソロアルバムにその他の楽器がアンサンブルとして加わる」という形式のアルバムもあります。

 Gordon DuncanDougie Pincock などのソロアルバムがそれにあたります。
 私は、普段はパイプソロのライトミュージックというのは全くと言っていいほど聴きません。The Word's Greatest Pipers シリーズでも、Pipers of Distinction シリーズでも、CDを購入すると直ぐにそのアルバムに1、2曲入っているピーブロックだけをMP3フォーマットにしてパソコン経由で iPod に取り込んだら、そのCDケースは殆どの場合2度と開ける事はありません。

 しかし、この2人のようなアンサンブル付きのライトミュージックの演奏については割と楽しんで聴いてしまいます。彼等はアルバムによっては、ライトミュージックだけでなくピーブロックも演奏しているのでそれらのアルバムを購入し、ピーブロックだけを抜き出してコレクションするのですが、ついでにライトミュージックの方もそれなりに楽しめるのです。つまり、それは以前に Tannahill WeaversBattlefield Band の演奏を聴いていた時と同じ感覚で、どちらかというとパイプミュージッックというよりも、ブリティッシュ・トラッドの範疇として聴く事ができるからではないでしょうか。

 そして、このような若手でかつトラッド感覚をもったパイパーの一人に Fred Morrison というパイパーが居ます。

■ “Hector the Hero” ■

 私が最初に Fred Morrison の名前を目にしたのは、1990年に開催された“A Celebration of Pipes in Europeと題されたコンサートの模様を収めたアルバム。これはヨーロッパの14の国や地域から超一流のパイパーが参加して、それぞれの地域に固有のバグパイプの演奏を披露しあったコンサートです。のべにして17種類のバグパイプを一気に聴き比べられるというこの2枚組CDは、バグパイプフェチにとってはたまらないアルバムです。別にそんなに多くのバグパイプを聴きたい訳では無いと言う人でも、もしあなたがイリアンパイプ・ファンだとしたら、アイルランドから参加したかの Paddy Keenan の鳥肌が立つ程にモノスゴ〜イ演奏を聴くだけでも、このアルバムを購入する価値はあると思います。
 そして、このコンサートでのスコットランド代表がこの Fred Morrison だった訳で、アルバムの冒頭で、通常行われるセットの倍近い8分間にも及ぼうとするマーチ、ストラスペイ&リールのメドレー、そして3分余りのホーンパイプ&リールのメドレーを堂々と演奏。「これでもか!」という様に超絶技量を駆使した目の覚めるような演奏を披露していました。

 この Fred Morrison のファーストソロアルバム“The Broken Chanter”は1993年にリズモアレーベルからリリースされています。ギター、ブズーキ、キーボード、ホウィッスル、パーカッションなどをバックに、いわゆるライトミュージックをその抜群のテクニックで聴かせてくれました。この手のアンサンブル付きのハイランド・パイプのアルバムとしては、飛び抜けて上出来の作品です。

 お目当てのピーブロックは“MacCrimmon's Sweetheart”というポピュラーな曲ですが、実はこれは本来12分近くある曲の半分位しか収録していないもので、大いに不満が残りました。私は時たま出くわすこのような理不尽なピーブロックの扱いには本当に腹が立ちます。ピーブロックはウルラールに始まってウルラールに終わるのが定石だろ!って。

 しかし、このアルバムにはそれを補って余りある収穫がありました。それは、「ストラスペイ・キング」と称された19世紀後半のスコットランドを代表する名フィドラー、James Scott Skinner の作になる“Hector the Hero”というスローエアーのハイランド・パイプ・バージョンが聴けた事です。

 この曲は、なんといっても我らが The Bothy Band の記念すべきファーストアルバム“The Bothy Band 1975”の中で、このファーストだけに在籍した現代アイルランド最高のフィドラーの一人である Tommy Peoples により、殆ど独奏に近い演奏で聴く事ができます。さらに、Tommy Peoples は1998にリリースした自身のソロアルバム“The Quiet Glen ”の中でも再びこの曲を取り上げていますが、これもまた20年以上前の Bothy の時以上に枯れていて心に染み入るような素晴らし演奏です。私にとってはこのアルバムの中では一番のお気に入りです。
 Fred Morrison 自身、アルバムのライナーノートに「この曲はボシーバンドのトミー・ピープルズから習った。」と記しています。多分、Tommy Peoples とは例のコンサートで共演仲間である Paddy Keenan を通じて親交を深めたのでしょう。スコットランドで生まれた名曲がアイリッシュの名フィドラーのお気に入りとなり、巡り巡って再びスコットランドのハイランドパイパーに演奏されるようになった訳ですね。

 とにもかくにも、それ以来、この“Hector the Hero”というスローエアーは、私にとっては数少ない非ピーブロックのレパートリーの一つとなりました。

【追記】
 2006/2月号の Piping Times “The Piper's Fiddlerと題された Scott Skinner に関する記事が掲載されました。
 それによると、この曲はビクトリア時代に生きた、当時のヒーローであったゴードン・ハイランダースの
Sir Hecter MacDonald 将軍を偲んで作曲されたとのこと。彼は、最後は同性愛のスキャンダルに巻き込まれた末に、パリで自殺したそうです。
 また、記事の中では、彼と親交が深かった当時のチャンピオン・パイパーである
John MacColl にプレゼントされたという、この曲の Scott Skinner 自筆の手書き楽譜が写真入りで紹介されていました。つまり、この曲は Scott Skinner が作曲した当初からハイランド・パイプでの演奏も前提にしたものだったようです。
 最も、その記事によると、この
John MacColl という人は非常にマルチ・タレントな人で、パイピングだけでなく、ダンサーとして、また様々なスポーツのアスリートとしても有能だったようで、さらに音楽面ではガーリック・シンギングでもチャンピオンになったこともあり、また、バイオリン(フィドル)の才にも長けていたとのことですから、 John MacColl 自身はこの曲をパイプだけでなくフィドルでも演奏したのでしょう。

 

■ マルチパイパー、Fred Morrison  ■ 

 さて、その彼は、1999年に“The Sound of The Sun”という2ndアルバムをリリースしているようですが、収録曲のリストから推測するに、ピーブロックは演奏されていないようなので、私は購入していません。

 そして、今年に入って3rdアルバム“Up South”がリリースされました。今度のアルバムにはお馴染みのピーブロックも入っているので、早速取り寄せました。

 CDを手にしてまず最初に Fred Morrison wirh Jamie McMenemy というクレジットに気が付いてとても懐かしくなりました。このアルバムの殆どの曲においてブズーキでバックアップしているこの Jamie McMenemy という人は、スコティシュ・トラッドバンドの雄、The Battlefield Band の1977年のデビューアルバム(だけ)に在籍して、素晴らしいシターン(Cittern)の演奏を聴かせてくれたのが印象的なアーティストです。
 シターンというのはいわばマンドリンのネックを伸ばすとともに弦を10弦(複弦)にしたといった楽器で、今でこそ、そのような役目を果たすのはギリシャ生まれのブズーキが当たり前になっていますが、当時はまだ、ギターに張り合えるだけの音量をもったマンドリン系楽器をトラッドをアンサンブルで演奏する人たちが皆で試行錯誤しながら探し求めていた時代で、このシターンというのもその内の一つでした。
 そして、この楽器はノーサンバランド在住の Stefan Sobell (ph じゃなくて f なのです)という人が自ら考案し製作していたものでした。これは、私が1977年にノーサンブリアン・スモールパイプの製作者&演奏者であるコリン・ロスさんを訪ねたときに教えてもらった事実です。その時に「もし、興味があるのなら連絡してみなさい。」とロスさんが渡してくれた Stefan Sobell さんの名刺は、今でも私のローランドパイプのケースの中に入っています。

 このデビューアルバム当時はまだハイランドパイパーが入って居なかった Battlefield Band は、デビューが同時期である ALBA とはまた違ったアプローチでパイプチューンに取り組み、素晴らしい作品を作り出したバンドでした。ある意味では、ハイランド・パイプの迫力だけが目立ちがちだった ALBA よりも数段デリカシーに富んでいて、当時のトラッド仲間の間では非常に高い評価を得ていたものです。

 中でも、特に私が印象的だったのが、この Jimie McMenemy がシターンで表現した、パイプチューンにおける装飾音の雰囲気です。特に右の小指を勢い良くチャンターに叩きつそして巻き上げる、 Birl という装飾音の表現には完全に脱帽でした。パイプ以外の楽器であのように雰囲気たっぷりに演奏された Birl はそれ以前も以後も他には全く知りません。
 2/4マーチの“Crossing the Minch”なんて曲は、1小節に2回づつ Birl が出てくるような Birl づくしの曲ですが、その雰囲気が本当によく表現されていて、原曲のパイプマーチの雰囲気プンプンでした。私は彼等の演奏を聴いて初めてこの曲を知り、それ以来長い間お気に入りの曲として度々演奏したものでした。(“Crossing the Minch”のパイプバンド演奏はここで聴くことができます。)

 さて、肝心のこの Fred Morrison の演奏はというと、実はこの人、私の持っていない2nd アルバムの辺りから、ハイランド・パイプだけにはこだわっていないようなんです。その2ndアルバムのクレジットをネットで見てみると、彼が演奏しているのは Border Pipes Uilleann Pipes、そして後は、Low Whistle ということで、なんとハイランド・パイプは全く演奏していません。

 それはこの 3rd アルバムでも似たようなもので、全10曲の内、ハイランド・パイプだけというのは、1曲のピーブロックを除いてその他1曲だけ。その他はボーダーパイプだったり、イリアンパイプだったり、あるいはメドレーの中で2つのパイプを持ち替えて演奏しています(もちろん、実際に持ち替えているのではなくて録音のギミックですが。)。一番多いのが ロー・ウィッスルによる3曲です。

 それにしても、感心してしまうのは、ハイランドとボーダーという2種類のスコッティッシュ・パイプと、アイリッシュのイリアンパイプを苦もなく演奏してしまうって器用さです。このレベルのパイパーになると、こんなことまるで不思議でも何でもないんでしょうかね?

■ “The Earl of Seaforth's Salute”に感激! ■

 さ〜ってさて、お目当てのピーブロックはどうでしょう?
 彼がこのアルバムで取り上げているのは“The Earl of Seaforth's Salute”という曲ですが、それはそれはもう格別の演奏です。

 私はこの曲については既に、James McIntosh Donald MacPherson の演奏による音源をもっていますが、それらと比べてもダントツに素晴らしい。
 録音時の音の録り方にもよるのでしょうが、このアルバムでの Fred Morrison の演奏はドローンノートがまるでデジタルサウンドの打ち込みかと思わせるように、完璧な程に安定しかつ大きな音で鳴り続け、ズ〜〜ン!と腹に響きます。そして、その野太いドローンノートに乗せて、丁寧に丁寧に情感を込めてゆ〜っくりと演奏されるその演奏は、これまで聴いてきたピーブロックの音源の中でも最高レベルの名演奏、名録音の一つと言えます。

 ただし、唯一の不満は、またしても最後のウルラールまで収録していないこと。まあ、今回は最後のクルンルアーバリエイションまでは収められているのですが、そこからウルラールに戻るところでフェードアウトしている。何度言ったら分かるんじゃい!「ピーブロックはウルラールに始まってウルラールに終わるのが定石だろ!」って。


 以上で、ざっと紹介したとおり、このアルバムはバグパイプを中心にスコティシュ・トラッドを愛好する人にとっては超お薦めアルバムだと言えるでしょう。そして、その例えようも無い程美しい“The Earl of Seaforth's Salute”の演奏を聴いて、あなたももしかしたら深淵なるピーブロックの世界にハマってしまうかもしれません。

|| Japanese Index || Theme Index ||