ハイランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」

第16話(2004/1)

Lament for The Laird of Anapool

 2004年に入って最初に届いたパイピング・タイムスによるとカナダ人のパイパー、Jack Lee が 2003年の Glenfiddich Championship において、Iain Dall MacKay による“ Lament for The Laird of Anapool”を演奏し、生粋のスコットランド人以外のパイパーとして史上初めてチャンピオンになったとのことです。
 2003年、TMさんが送ってくれたビデオに彼がこの曲を《完全に行っちまった》風情で演奏している様子が映ってましたが、私が持っているもう一つの Bill Livingstone の演奏(The World 's Greatest Pipers Vol.9)と比較しても、一層情緒的に表現しているその演奏は非常に印象的でした。あの演奏で、とうとう偉業達成というのも十分に頷けます。
 この時の状況が ボブさんのピーブロック・フォーラム で克明に描写されています。一読の価値あり…。

 私はこの曲は Iain Dall の作品の中でもあの“Lament for Patrick Og MacCrimmon”と並ぶ傑作だと思います。しかし、悲しいかな実際にはそれほどポピュラーではないため、残念ながら例の赤本“Kilberry Book of Ceol Mor”には入っていません。…で、Piobaireachd Society Book 第9巻P276にあるのが右の楽譜です。

 私は以前、Bill Livingstone の演奏を聴いて「良い曲だな〜」と思い、一度なぞったことがあるのですが、あまりの難しさにそれっきりになっていました。これを機会にもう一度トライしようと思った次第。

 う〜ん、いや〜、トホホ…。
 Iain Dall って人は何でこんな難しい装飾音の組み合わせをするのでしょう。例えようも無く美しい旋律を表現する代償にとてつも無く難しい。それも、いきなり出だしの2小節が…、そして、さらにそれを2回繰り返すときている。

 ちなみにウルラール(↑の楽譜)の最初の2小節の音を書き出してみると次のようになります。

 《HiA 装飾音HiGーEDGDED装飾音HiG(Patrick Og の3小節目にも出てくる Iain Dall お得意の CHEDARI(chay dareeと発音))ーHiAーDーHiA装飾音HiGーDストライクーHiGーDストライクーHiGーHiA装飾音HiG》

 つまり、特に超曲者の CHEDARI《EDGDED装飾音HiG》>→を含めてこの2小節×2=4小節をなんと左手の指だけで演奏するのです。
 そして、実はそれに続く2小節も一度出てくるCを除けば全て左手の指だけ…。
(左手といってもつまりはトップハンドということで、Iain Dall は左利きだったので、彼にとっては右手ですが…。)

 私は“Lament for Patrick Og MacCrimmon”のウルラール表現上の要の一つでもあるこの CHEDARI《EDGDED装飾音HiG》を会得したくて、回り道をして同じ装飾音が出てくる“Lament for MacSwan of Roaig”をそれなりに習得したつもりですが、この曲のように、前後の音があまりにも左手ばかりだと、同じ装飾音がさらに難しく感じられます。

 そしてさらに、これに続く小節には例の key がGのラメントによく出てくる LowG から HiG に一気に跳ぶ EMBARI (the throws to HiG)は出てくるし、最後の小節に出てくるこの装飾音→も難しい。この装飾音は“The Big Spree”“Ronald MacDonald of Morar's Lament”など他のピーブロックでも時々出てきますが、いつもなかなか上手く決まらない! あ〜あ…。


 “Lament for the Chidren”を始めとする多くの傑作を残した、MacCrimmon 一族の中でも最高のコンポーザーと言われる Patrick Mor MacCrimmon もトップハンドの音(=高音域)を好んだ人ですが、装飾音の組み合わせの難易度と言うことから言うと Iain Dall ほどではありません。
  “Patrick Og”にしても、この曲にしても、Iain Dall MacKay の曲の難易度はとにかく、他の曲とは一線を画しています。同時にそれらは 例えようも無く美しい…


※ この曲に関する関連記事 その1→その2→

|| Japanese Index || Theme Index ||