ハイランド・パイプに関するお話「パイプのかおり」

第30話(2008/7)

John Ban MacKenzie(1796〜1864)

 パイプのかおり第9話で紹介した“Lament for Alan, My Son”と並んで「タイトルで泣かせるピーブロック」の双璧である“His Father's Lament for Donald MacKenzie”という曲があります。
 この曲、一体どんな背景で作られたのでしょうか? 作者である19世紀の偉大なパイパー John Ban MacKenzie の人となりについて紹介しつつ、この曲について考察してみましょう。

 参考とした資料は次の本です。“Masters of Piping”by Seumas MacNeill(A College of Piping Publication/2008)、“Piping Tradition of The North of Scotland”by Bridget MacKenzie(John Donald Publishers Ltd/1998

■ 新時代のハイランド社会にて… ■

 18世紀後半のハイランドでは 1746年の Culloden の戦い以降、伝統的なクラン・システムが崩壊の一途を辿っていました。
 クランというのは運命共同体的な性格が強かったので、クラン・チーフとクランの構成員の関係は家族のようなもの。その中でもパイパーやハーパーなどと いった楽士やバルド(bird/吟遊詩人)のような芸術を司るメンバーの位置はそれなりに高いものでした。

  しかし、そのような古き良きクラン・システムが崩壊し、クラン・チーフが単なる地主(Laird)として振舞うような時代を迎えると、パイパーがそれなり に高い身分で丁重に扱われるというような関係性は失われて行きます。地主はあくまでも支配層。パイパーはコックや庭師などと同様に単なる雇われ人として位 置づけら、時には解雇されることもあります。そういった場合には単なる失業パイパーとして新たな雇用主を求めて彷徨わなくてはならないような時代が来たの です。19世紀は伝統的なパイパーにとっては正に受難の時代の始まりだったと言えましょう。

 さらに、時代の変化とともに必 ずしも全ての地主層がパイパーを抱えるということは当たり前ではなくなってきました。しかし、一方で以前と同様にパイパーを抱えようとする地主層も居まし たし、そのような地主層の中でも、優れた技量のパイパーを抱えることによって、それ相当の威厳を保とうと意図する地主たちは、自分たちのお抱えパイパーた ちをお互いに競わせることによって、高い技量を持たせること対しても積極的でした。

 皮肉なことにそのような有り様は、新た にスコットランドの土地を取得したイングランド人の地主たちが「スコットランドの地主層はこうあるべきだ。」と考える理想像と一致していたので、そのよう な新地主層の中にも競うようにして優れたパイパーを抱えようとした人達も居ました。
 しかし、当然ながらそのような《イメージ》から入って来た新地主たちは、必ずしも真の意味でのパイプ・ミュージックの愛好者であった訳ではありません。 クラン時代のようにパイパーを芸術家として丁重に扱う姿勢とは異なり、あたかも競走馬や猟犬を競わせるのと似たような感覚を持っていただけでした。


  そのような状況下にあった19世紀初頭のスコットランドに於いて、若者がフルタイムのパイパーとして生計を立てて行こうと考えた時、選択肢は二つしか有り ませんでした。一つは軍隊(軍楽隊)に入ること。そして、もう一つはパイパーを雇ってくれるどこかの地主のお抱えパイパーになることです。

  前者を選択した場合、彼は他のパイパーとの接触の機会は確保されますが、軍隊としての様々な義務に忙殺されてパイピングを追求するための十分な時間の確保 はできません。一方、後者を選んだ場合は、パイパーとしてパイピングを追求するだけの十分な時間を確保することは保証されますが、他のパイパーとの接触は 限られて、パイパーとして少々孤立した立場に陥ります。
 パイパーが芸術家として丁重に扱われていた以前のクラン・システム華やかしき頃に比べると、どちらも決して魅力的とは言えませんが、この二つの選択肢を前にして、当時のトップパイパーたちの多くが後者の手段を選んだことは想像に堅くありません。

  ■ 世紀のハンサム・パイパー、John Ban MacKenzie ■

tree2 そのような新世代のパイパーの最初の一人が、当時のスコットランド中で最も優秀かつハンサムなパイパーとして名を馳せた John Ban MacKenzie でした。同時に彼は「マクリモン一族の直接の指導を受けていない最初の偉大なパイパー」という非常にユニークな位置付けをされています。

 John Ban(fair John)は18世紀も押し詰まった 1796年に Ross-shire の Atilty という場所で生まれました。
 近隣に住む何人かの腕利きパイパーに師事してパイピングを習う内に、その技量の将来性を見抜かれて、John MacKay of Raasay(1767〜1848) の下で学ぶことを勧められます。そして、彼はマクリモン一族から直接手ほどきを受けた最後のパイパーである John MacKay から、マクリモンの正統的な流れに基づくピーブロックの伝統を全面的に継承されたのです。

 彼の John MacKay の下での修行は 1812年から1819年の間であったことは確かですが、トータルで何年間であったかは定かではありません。しかし、その修行から戻った John Ban MacKenzie がマスター・ピブロック・プレイヤーになっていたこと、そして、John MacKay の死後、彼がスコットランド国内で最も尊敬すべきピーブロック・プレイヤーとして認められていたことからして、それが十分な時間であったことは疑うまでもありません。


 1819年、23才になった彼はいよいよパイパーとして自立する道を歩み始めます。まず手始めに MacKenzie of Allangrange という地主に2年間仕えた後、1821年からは Davidson of Tulloch という人の下に移ります。そして、その同じ年にエディンバラのコンペティションに参加して3位に入賞。次の年には2位。そして、3度目のチャレンジとなった 1823年にいよいよ優勝し、The Prize Pipeを獲得しました。

 当時、この他にコンペティションは無く、また、一旦頂点を極めてしまったパイパーとして、このコンペティションには再度出場することが出来なかったため、彼は Davidson の下で、主人の求めに応じて演奏するだけの快適な勤めを果たしつつ、彼自身のために思う存分パイピングに没頭するだけの時間を過ごすことができました。Davidson に仕えたこの時期は、John Ban にとって、演奏技量を円熟させ彼独自の演奏スタイルを確立するための貴重な期間となったのです。


 1832年、状況は一変します。
 John Ban は同世代の人々に“tall and of magnificent physique, upright in appearance as in character”と表現されるように、周囲から飛び抜けた上背とがっしりた体躯の誰もが惚れ惚れとする程のいい男ながら、37才になったこの時点で未だ未婚のままでした。
 Davidson には Captain Donald MacKenzie of Applecross という友人が居ました。DavidsonMacKenzie of Applecoross をたびたび訪問しましたが、その際、当然ながらお抱えパイパーの John Ban を伴って行くのが常でした。
 大変な女好きであった Davidson は、妻帯者であるにも関わらず(10人の子供を設けたという彼の妻は、その時ちょうど8人目を身ごもっていた)、Donald MacKenzie Maria という美しい娘に夢中になってしまい、なんとかして彼女に取り入ろうとして、John Ban に恋の仲介役をさせます。そして、仕舞いにはとうとう「私と駆け落ちしてくれ! 世間体なんてクソくらえだ!」という内容の恋文を持たせました。
 そうしたところ、Maria は恋文の運搬者(John Ban)に向かって「彼に、答えは『ノー』と伝えて下さい。」と言いました。しかし、彼女はそれに付け加えて「でも、もしもあなた(John Ban)が(私に駆け落ちすることを)求めるならば、私の答えは『イエス』です」と答えたということです。

 …で、なんと二人は本当にそのまま駆け落ちしてしまった、というのです。
 薄い部屋履きスリッパのままの Maria John Ban は、ハイランド・ポニーに乗って一途南に向かい、途中の町で密かに結婚式を挙げたと言われます。結婚の届けは確認されていませんが、後日、このラメントが捧げられる最初の息子 Donald の 出生届けが 1832年10月に Crieff の町に出されています。二人の間には、結局、息子と娘が4人づつ生まれましたが、家系図からみると、その内息子二人は幼少の内に亡くなっているようです。 やはり幼い子供たちが生き延びるにはそれなりに厳しい時代だったのですね。


 Davidson of Tulloch の下から駆け落ちするということは、つまりは勤め先を失ってしまうということを意味する訳ですから、 John Ban は新たな奉公先を見つけなければなりません。幸い、Prize Piper として経歴が幸いしてほどなく新たに Taymouth CastleEarl of Ormelie(1834年に先代の死去に伴い Marquis of Breadalbane となる)への奉公が決まります。
 1835年、エディンバラ・コンペティションは、過去の優勝者を集めて競わせ、真のチャンピオンを選ぶコンペティションを催しました。そして、その時集まった過去の優勝者5人の中で見事 John Ban が優勝し、正真正銘の King of the Pipers となったのです。
 なお、King of Pipers のコンペティションは1835年に続き1867年、1873年、1876年に開催されたのですが、それぞれの優勝者は、第一回目の John Ban を筆頭に、Donald Cameron、Ronald MacKenzie、Duncan MacDougall、といずれもが John Ban の直弟子たちによって占められたということです。

 John Ban の結婚は秘密にされていたので、Taymouth Castle に仕えた当初、彼は未婚者を装っていました。Maria は村に住み、John Ban は出来る限りの時間を作って Maria の元に通っていました。
 ところが、1840年のある時、当の Davidson of Tulloch がなんと Taymouth Castle を訪れることになり、John Ban は否が応でも彼の駆け落ちの顛末を現在のボスである Marquis of Breadalbane に白状しなくてはならなくなりました。しかし、幸いなことにこの太っ腹のボスは John Ban の駆け落ち話を大変面白がり、結局、彼の尽力でこれまでのことは全て水に流されたということです。


 Marquis of Breadalbane は真の意味でのハイランド・パイプ・ミュージックの理解者であり熱烈な愛好家でした。ですから、John Ban の周りには多くの優れたパイパーが集められ、一時は彼の城にはなんと12人ものパイパーが住んで居たと言われています。John Ban は首席パイパーとして、パイピング以外の仕事は一切担当することなく、思う存分パイピングに専念することができました。そんな訳で、19世紀中のかなりの間、Taymouth Castle は事実上“The Center of the Piping World”としての役割を担っていました。

 インバネスで Northern Meeting のコンペティションが始まった際、John Ban も参加して 1849年に優勝して The Prize Pipe を獲得、 1852年には過去のウィナーたちによるコンペティションでしてゴールドメダルを獲得しました。
 そして、John Ban はこの頃、既にパイプメイカーとしても活動を始めていて、実際、1846年から1864年までの間、Northern Meeting の優勝者に与えられる Prize Pipe の提供は彼が行なっています。つまり、1849年の Prize Pipe は自分自身の作になるパイプだった訳です。
(↓Google Eath から引用。Taymouth Castle をクリックすると拡大写真にリンクしています。)

 Taymouth Castle は非常にエレガントな城で、各地からの貴族の訪問が絶えませんでした。そして、1842年には時のビクトリア女王が滞在。この時の印象が彼女をして「イギリス王室としてもハイランドに自らの居城が必要である。」と決断させ、あの Balmoral Castle を取得するに至ったということです。

 滞在中、女王は選りすぐりのパイパー&ダンサーたちによる、パイピングやダンシングでのもてなしを受けました。ダンサーの一人として、10才になって既に立派なパイパーになっていた John Ban の長男、Donald の姿もありました。

 ある日、 女王は船首に John Ban を侍らせその演奏を聴きながら Tay川の船旅を楽しむという、格別のもてなしを受けました。ロマンチックな風景と心地よい音楽が若い女王を完全に魅了しました。彼女は城に戻ると、Marquis of Breadalbane に対して「John Ban のように優れた演奏が出来、そして、彼のようにハンサムなパイパーを私のために見つけて欲しい。」と言いました。これは、事実上「John Ban を王室専属のパイパーに召し抱える」という意味の勅令(Royal Command)に等しいものでした。

 しかし、女王のこの意向が John Ban に伝えられると、なんとJohn Ban は恐れ多くもこの申し出(命令?)に対して「女王の二つのご希望はどちらも叶わないことでしょう。」とやんわりと断ったのです。これにより、彼は“The Man Who Said No To The Queen”と呼ばれるようになったということです。
 しかし、John Ban はその代わりに彼に次ぐセカンドベストなパイパーとして彼の師匠であった John MacKay of Raasay の子息である、言わば彼の弟弟子にあたる Angus MacKay(1813〜1859) を女王に推薦します。そして、その推薦に従い Angus MacKay はイギリス王室最初のお抱えパイパーという名誉を賜ったのです。(“Masters of Piping”では、John Ban の章に先立つ2章で John MacKay、Angus MacKay 親子について詳細に記載されています。いつか、ご紹介したいものです。)

 もしかしたら縛り首か?というような、極めて失礼な振る舞いをされたにも関わらず、ビクトリア女王はハンサムな John Ban の事を決して忘れることが出来ず、なんと 12年後になってその時の出会いを記念したブローチをプレゼントしたということです。ハイランド史上最もハンサムなパイパーのなによりの証ですね。


 1861年、65才になった John BanTaymouth Castle での勤めから退き、Munlochy という所に居を構え、バグパイプ・メイキングとリード・メイキングに専念し始めます。そのようなことから彼は“the last of the old school, the complete piper, he could kill the sheep, make the bag, turn the pipes, cut the reeds, compose the tune and play it”と称されています。

 しかし、彼はそのような余生をそう長くは楽しむことは出来ませんでした。
 15才にして Prize Pipe を獲得し、将来を嘱望された長男の Donald MacKenzie が 1863年、30才の若さで天然痘のため死去したのです。失意の John Ban は張り裂けんばかりの胸の内を直接的にタイトルに込めた“His Father's Lament for Donald MacKenzie”を作曲した後、失意の内に病に倒れ、翌1864年、息子を追うかのようにこの世を去ります。

 彼の墓石には最愛の妻 Maria による次の様な言葉が刻まれています。
 “Erected by his sorrowing widow to the memory of John MacKenzie late piper to the Marquis of Breadalbane for period of 29 years who died at Greenhill Cottage, Munlochy, on the 24th April 1864 aged 68. He was a real specimen of the true-hearted Highlander, esteemed and respected by all who knew him. He was known as chief and father of all Highland pipers, and had taught upwards of forty young men. After a long and painful illness which he bore with Christian resignation, he fell asleep in Jesus”

■“His Father's Lament for Donald MacKenzie”■

  “Lament for Patrick Og MacCrimmon”“Lament for Alan, My Son”な ど、パイパー森はタイトルを眺めた瞬間から、実際にその曲を聴かずとも妙に強く惹かれてしまう曲があります。この曲もそうした曲の一つで、パイピング・タ イムスのコンペティション・レポートなどでこの曲のタイトルを目にする度に、「う〜ん、どんな曲なんだろう? 聴いてみたいな〜」と思っていました。しか し、手元にピーブロックの沢山の音源が集まってきても、この曲の音源にはなかなか出会うことが有りませんでした。

 21世紀になってから、1994年の Dr. Dan Reid Memorial Recital のカセット・テープを手に入れてやっとこの曲の音源に出会った顛末は、音のある暮らし2004年5月に書いた通り。たまたま同じ2004年、それからしばらくしてリリースされた Donald MacLeod のチュートリアル・シリーズ Vol.12 にもこの曲が収録されていましたが、パイプでの音源は後にも先にも今のところ Jack Lee の演奏によるこの音源だけです。

 さて、しかし、“Patrick Og”“Alan, My Son”と違って意外だったのは、想像していた様な悲痛な叫びが伝わってくるというようなラメントラメントした曲ではなかったこと。どちらかというと Salute とも言えなくも無いような溌剌とした曲だった、ということです。

 ウルラールのメロディーはシンプルで単純なのですが、バリエイションによって緩急が交互に繰り返されるので、それなりに長い曲(Jack Lee の演奏は 17:19)にも関わらず途中でダレて来ることもなく、最後まで飽きがこない、ちょっと独特の雰囲気のある味わい深い曲です。

 楽譜は、ピーブロック・ソサエティー・ブック Vol.9/P273 にあり、次のとおりです。(版権に考慮してこの大きさまで…)

  しかし、この楽譜、Var.2 の特徴的な装飾音の表現がイマイチなのが不満でした。演奏と照らし合わせなが聴いてみると、F装飾音の頭に×印が付けてあるところは、run down のような3連符で演奏するのですが、この表記では、とてもそのように演奏しようがありません。一応、耳で聴いたとおりに演奏するのですが、余りにも楽譜と 掛け離れているので釈然としません。

 Ceol Sean の古い楽譜をあちこちめくってみても、どこにもこの曲の楽譜は出てこないようだったので、この間ずっと悩ましい思いを抱き続けていました。

■ Manuscripts(写本)のフリー・ダウンロード・サイト ■

 Joseph MacDonald Angus MacKay などの先人たちによって、18世紀後半以降、ピーブロックの楽譜が紙媒体に記録されるようになってから久しい訳ですが、その紙媒体の記録には大きく2種類あります。一つは、印刷物として出版されたもの。そして、もう一つがいわゆる Manuscript(手書き写本/MSと表記)です。

 印刷物として出版された古い楽譜集については、主にピーブロック・ソサエティーなどが解説付きで立派な本の体裁で再リリースするものと、CEOL SEAN によりオリジナルそのままのフォトコピーに索引を付けたものを CDフォーマットとしてリリースされるものがあり、どちらもピーブロック・マニアにとっては大変重宝しています。
 しかし、多くの Manuscript の全容については、これまではそのものが収められているエディンバラの The National Library of Scotland にでも出向くでもしない限り、到底お目に書かれない状況でした。

 ところが、2008年初頭、ボブさんのディスカッション・フォーラムのアナウンスメントのコーナーに、管理者の一人である Jim McGillivray 衝撃的なニュースを告知してくれました。

 な〜んと、これまで出版されていなかったとんでもなく貴重ないくつかの Manuscript Dr. William Donaldson の尽力によって、あの CEOL SEAN と、Jim McGillivray がマネージメントする pipetunes.ca のサイトを通じて「誰でも、いつでも、(しかも)フリーで」ダウンロードできるシステムが整ったというのです。もちろん、これらはきちんと The National Library of Scotland の許可を得ているとのこと。

Piobaireachd Manuscripts Welcome Page

《公開されている Manuscripts

  • Angus MacKay's MS
  • David Glen's MS
  • Peter Reid's MS
  • The Nether Lorn MS (the Campbell Canntaireachd)

●そして、このページの下の方に書いてあるのでお気付きのとおり、実は、現在ではこれとは別にピーブロック界の総本山たる ピーブロック・ソサエティーのサイトでもこれらの Manuscript を始めとして次の15冊の Manuscript や Book の全てのページが PDF ファイルにて一般公開されているのです。それらにアクセスするためには、 Piobaireachd Collections のページ に行き、それぞれの楽譜インデックスからお望みの楽譜にアクセスするだけです。

  • MacDonald Vol 1.
  • MacDonald Vol 2.
  • MacDonald Jnr.
  • Hannay - McAuslin
  • Angus MacKay
  • Angus MacKay Book
  • John MacKay
  • Kintarbert (A MacKay)
  • Seaforth (A MacKay)
  • Campbell Canntaireachd Vol. 1
  • Campbell Canntaireachd Vol.2
  • Neil MacLeod of Gesto
  • Peter Reid
  • David Glen's book
  • MacDougall Gillies

 さて、こんな便利な世の中になった幸せを噛み締めつつ、Dr. William Donaldson による Index of Piobaireachd Manuscripts をニヤニヤ眺めていたところ、David Glen's MS の中に、遂に “His Father's Lament for Donal MacKenzie”の楽譜を見つけたのです。当然、即刻ダウンロード (右の画像からもリンク)。これこそ実際の演奏に忠実な楽譜で、ごくすんなりと納得できるものでした。(Var.2を参照)

 さて、その後、この楽譜をじっくり眺めていてなんとなく感じたのは「やたらに長い」こと。昔の楽譜の定石で、繰り返し部分も全て丁寧に書き下ろしているということもありますが、それにしても長い。
 …で、ソサエティーの楽譜とじっくりと見比べて、やっと気が付きました。
 それは、ソサエティーの楽譜では、TaorluathCrunluathBreabach Doubling としているのですが、David Glen MS の楽譜では、Taouluath-BreabachCrunluath-Breabach とは別に、真の Doubling バリエイションが書かれているんですね。
 実際にはまだ試していませんが、Jack Lee の普通の演奏でも17分以上掛かっているんですから、この楽譜を忠実に演奏すれば、どう考えても軽々と 20分は超しそうです。

 前にも書いたように、当時は Crunluath バリエイションの前で一旦ウルラールに戻るのが定石だったように、その頃のピーブロックの演奏はとにかく現在よりもずっと長いのが当たり前だったようです。いや〜良い時代でしたね。


 ところで、このあとで気が付いたのですが、MS も含めた“His Father's Lament for Donald MacKenzie”の楽譜、実は pipes | drums のサイトにある、Dr. William Donaldson さんのセット・チューンの解説ページ(PDF)の中で、2003年のセットチューンとして、詳細な解説付きで全て紹介されていました。
 私、この PDFファイルは全てダウンロードしてパソコンに保存し、デスクストップにそのフォルダのショートカット置いてあるんですが、単純に見逃していました。… というより、この曲の楽譜を探す際に肝心のこの一覧を参照することを失念していました。確実にボケ入っていることを日々痛感する今日この頃です。

 まあ、それはさておき、今回の極めて貴重な Manuscripts 「誰でも、いつでも、フリー」ダウンロード・サービスの開始は、世界中(特に辺境に住んでいる)のピーブロック・ファンにとってはとてつも無く大きなプレゼントです。興味のある方はぜひお楽しみ下さい。The Nether Lorn MS ではあの Campbell Canntaireachd を自宅に居ながらにしてマイパソコンの画面で閲覧できるんですから…。

|| Japanese Index || Theme Index ||